評価する

越前 喜六 神父

今日の心の糧イメージ

30年位前の話になりますが、わたしが理事をしていた大学の、教育関係の学会において、アメリカの先例にならい、盛んに「教員の授業評価」とか「自己点検・評価」ということを議論したことがあります。これがきっかけになり、文科省でも授業評価や自己点検評価を推進するようになりました。

ところで、何か事業や活動を始めるにあたっては、「プラン・ドゥ・シー(Plan・Do・See)」、すなわち「計画→実行→評価」が必要です。その中で、最後の評価ということが、事業の存続、発展に大きく関わってきます。

この原則を個人の生き方にあてはめると、まず何をするかを考えアイディアが決まったら計画します。計画したことは実践します。そして、最後に点検・評価をします。評価とは、これをして何が良かったか、何が悪かったかを点検し、評価することです。その結果、メリットがデメリットよりも多ければ、その計画を継続していきます。

人生の物事には、長所もあれば、短所もあります。それを比較して、長所が短所を上回るときには、良しとすべきでしょう。

わたしは今、書物を出版しています。筆者はほとんど同じ会の会員です。主題は、たとえば、信仰とか、希望とか、愛とか、祈りとか、人々のスピリチュアルな益となるような内容の文章を書いてもらい、それをプロの出版社に委託します。

こういう事業からどういう評価が生まれるかというと、まず筆者が書くということに自信を持つようになる、読者が読んで心の糧というか、霊的な知識という貴重な宝を得る、本が売れると、発売元が経済的な利益があげられるなどがメリットで、デメリットは資金がかかるということでしょう。

評価する

シスター山本 久美子

今日の心の糧イメージ

「評価」という言葉には多様な意味があります。学校でのテスト結果や、数字やアルファベットで表わされた成績を思い浮かべるだけなら、あまり良い印象を受けません。おそらく人のある側面や、能力だけを偏った物差しではかるように感じるからです。

しかし、「評価」は、目標を持って生きるためにとても大切なものだと思います。

私は、特別支援学校で重症心身障害児のクラスの担任をしていた時、評価ということについての視点が大きく変えられました。

介助を必要とし、寝たきりで自力では寝返りもできないような生徒たちの多くは、言葉で表現するということができません。関わる側にとっても、言葉にならない生徒の要求や意志に共感したり、理解したりするということはとても難しく感じられました。

しかし、彼らとの関わりが深まる中で、少しずつ変わっていく関係性や、彼らがゆっくりと成長していく過程に気付くことは、私の大きな喜びになりました。そして、学期ごとに行う生徒たちの評価の成果によるものだったと感じます。生徒の1人ひとりに適した、より充実した指導目標を展開させるため、生徒たちの小さな表情や反応にも気を配って、積極的な評価を言葉で文章化することを通して、評価の大切さを学んだのです。また、人を一律に評価したり、他者との比較の中で良し悪しをはかったりすることが、どんなに狭く、愚かなことかと考えさせられました。

この経験を通して、私は、御父なる神様の視点で評価するということ、1人ひとりをあるがままに受け入れ、可能性や能力を積極的に信じて評価し、それぞれの成長過程を共に喜ぶような「いのち」の教育を教えられたと感じています。


前の2件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13