評価する

新井 紀子

今日の心の糧イメージ

小さい頃から私は、様々なものを習いに行きました。バイオリンにピアノ、バレエ。中学生の頃は、軟式テニス。高校の頃は卓球、大人になってからは太極拳や硬式テニスなどです。好奇心が旺盛で習い事をするのが大好きな私ですが、先生からこんなことを言われます。

「上達するために、ここだけの練習ではだめですよ。工夫してもう少し頑張ったらどうですか」「家でもできることがあります。練習に励んでください。がんばれ、がんばれ」

ところが、もともと体力がない私です。習い事の教室でくたくたに、疲れ切ってしまいます。これ以上頑張ることができません。どの習い事もみな、1年もたたずに止めることになったのです。

8年前、北海道へ移住し、羊飼いになりました。田舎暮らしは車での移動に頼らざるを得ません。なんと私は、運動不足になってしまいました。そこで、友人と水中運動教室に参加することにしました。さらに、夫と2人で体操教室にも通うことにしました。また新しい習い事として、羊毛を使った手芸教室にも参加することにしました。

数年の歳月が流れました。私の教室通いはまだ、続いているのです。

なぜ辞めずに続けることができているのでしょう。運動教室ではコーチだけでなく、生徒である参加者全員がよくできたところを褒めてくれるのです。

「よく手が伸びているね」「姿勢が良くなったわね」「泳ぎが美しくなってるわ」そんな言葉の1つ1つが私を嬉しくさせ、やる気を起こさせるのです。

手芸教室でもそうです。

「可愛いね」「色遣いがすてきだわ」などなどです。

習い事が続く秘訣は、「がんばれ」ではなく「よくできました」の褒め言葉だったのです。

評価する

片柳 弘史 神父

今日の心の糧イメージ

他人が何か成果を上げたときに褒めるのは得意だが、自分自身が何か成果を上げても、なかなか満足できない。そんな人は、意外と多いのではないだろうか。わたし自身にも、そんなところがある。人のことは客観的に評価できても、自分については評価が偏ってしまう。自分に対する評価が、あまりにも厳しすぎるのだ。

なぜそんなことになるかと言えば、それは自分への期待が大きすぎるからだと思う。「自分はもっとよくできるはずだ」と思い込んでいるから、自分の思ったとおりの成果を挙げられない自分に腹が立つ。自分に大きすぎる期待を持っている人は、自分を褒めることができず、もっと大きな成果を求めて自分を追い詰めてゆく。

「わたしとしたことが、これしかできなかった」という考え方をしてしまいがちな人は、そのような考えが浮かぶたびごとに、「これだけできれば、わたしとしては上出来だ」と考えなおすように心がけたらいいだろう。「わたしとしたことが」という言い方には、ある種の傲慢が潜んでいるからだ。「わたし」がいったい、どれほどのものだというのだろうか。自分が出した成果を、自分にとっての精一杯の成果として素直に受け入れ、喜ぶ謙遜さを持ちたい。そうでなければ、自分がかわいそうだ。

渡辺和子さんが「思った通りにならなくて当たり前。思ったとおりになったら感謝しなさい」とよくおっしゃっていた。これは、自分自身にも当てはまることだろう。思った通りにならない自分に、不満ばかり言っても仕方がない。思った通りにならなくて当たり前、むしろここまで出来たことに感謝する。そんな風に考え方を変えられれば、いまよりもっと幸せに生きられるに違いない。


前の2件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12