2017年10月13日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

評価する

黒岩 英臣

今日の心の糧イメージ ワーッ!おいしいなーこのラーメン!とか、うーん、うんうん!おいしいよー、この肉!とか。

この、ワーッとか、うーんに私たちの単なる知識を超えた、全存在を挙げての評価が現れていると言えます。

また、日本人として、大抵の人にはよく分かる、あの温泉に入ってリラックスした時に思わず出てくるあの言葉、「極楽極楽」!ハハハ・・。あれは最近では外国人観光客も言う人がいるらしいですし、クリスチャンであっても、「天国天国」と言うのでは感じが出ないので、やはり「極楽」らしいです。

 

ところで、私達が聖書を開いてみると、その度に胸を貫かれるような思いをする事と思います。そこで試みに、私は聖書を開いてみました。今、私の目の前にあるページにはこう記されています。(参:ルカ6・20~38)

「貧しい人々は幸いである」。これだけで極楽気分は吹っ飛んでしまいます。また読み進んでいくと「あなたがたに言っておく。敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい」とあります。

「自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな恵みがあろうか」などを読むと、私は何だかシュンとしてしまって思わず「主よ、お言葉ですが、私はやっぱり、私を愛してくれる人はすごく好きなのですが・・」と訴えました。

すると主は、それは「当然、それでいいのだよ、それも神の恵みなのだから。しかし先も読んでごらん」とおっしゃるので、ページをめくってみました。

人を裁くな、赦しなさい、そして「与えなさい」のところがダイナミックですねー。

与えれば「あなたがたにも与えられる。押し入れ、揺すり入れ、溢れるほどに量りをよくして懐に入れてもらえる」。押し入れ、揺すり入れって、なるほど、これが神の量りか。