2017年10月09日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

評価する

森田 直樹 神父

今日の心の糧イメージ 今から40年以上も前になりますが、私が小学一年生の時、担任の先生は、テストの点数欄に100点しかつけませんでした。

答えがあっているところには、丸印がついていますが、答えが間違っていると、そこにバツ印もつけず、点数欄も空欄のままで返ってきます。そして、間違ったところを正しく直して先生の所に持っていくと、間違ったところに丸印をつけてもらい、100という数字も丸で囲って点数をくれていました。

つまり、いつも100点のテストだったわけです。だから、言うまでもなく、テストはいつも楽しみで、100点の答案用紙が嬉しかったのを覚えています。

聖書によれば、「神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ、それは極めて良かった」(創世記1・31)と伝えています。言い換えれば、私たち1人1人は100点満点の存在として造られているのです。

ところが、日々の生活の中で、お互いにいがみあったり、相手を見下したり、相手の存在を無視したりすることによって、100点満点であるはずの存在を傷つけ、また同時に、存在が傷つけられてしまいます。

毎日の人間関係で傷つき、傷つけられている私たちに対して、イエスは力強い言葉を私たちに向けています。「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」と。(マタイ28・20)

イエスご自身がいつも私たちを励ましてくださいます。1人1人がお互いに大切にしあって、いつも優しい心をもって、100点満点の存在であり続けることができるように、と。

すべてのものと共に人間をお造りになった神様の目には、私たちに対して、100点満点の評価しかありません。イエスの言葉に支えられ、助けられて、お互いにいたわりあい、助け合う生き方へと1人1人は招かれているのです。