2017年07月21日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

先取りする

湯川 千恵子

今日の心の糧イメージ キリシタン大名・高山右近が福者に認められた宣言をする、「列福式」が、去る2月7日、大阪城ホールで行なわれました。私も参列して、今まで知らなかった右近の生涯を知り感動しました。

あのキリシタン弾圧の時代に、苦難の中で祈りながら信仰を選び取ったが故に全てを失い、海外追放された右近は、世間的には愚か者に見えるかも知れません。しかし彼の魂は神の命と共に生きる平和と喜びに満ち足りて、既に天国の幸せを先取りしておられたのだと想うのです。

そして私は夫が病床で語った天国の話を想い出しました。

夫は金属材料の新しい研究に命を燃やし、癌告知を受けても病室からスタッフと研究を続け、死ぬ一週間前にその成果を記者発表して微笑みながら天に召されました。

その少し前、夫は現在の心境を4人の子どもたちに語ったのです。

「・・今まで仕事で忙しくて天国とか地獄など考えたこともなかったけれど、案外、現世と入り交じっているのかも知れないと想うようになった。例えば山にたなびく春霞が麓まで降りて山里を包むように、天国も現実の生活に入り込むことがあるようだ。苦しい闘病の毎日でも、ふっと天国にいるような平安な気持ちを味わうことがあるんだよ・・・」そして葬儀のことなどを具体的に子どもたちに指示しました。淡々と明るくこんなことを話し合うなんて信じられない思いでしたが、この時、私たちは天国にいるような透明で明るい平和な空気に包まれていました。まるで天国の幸せを味わわせていただいたような気がします。

日常的にもロザリオを唱えながら散歩する時、心配事で重苦しい心も軽やかに癒やされて元気になるのです。

神を信じてみ旨のままに・・・と委ねることの素晴らしさをあらためて想います。