2015年03月14日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

私にとっての復活とは

越前 喜六 神父

今日の心の糧イメージ 初めに結論を申し上げます。キリスト者の私にとって、復活とは完璧で完全な命の勝利であると思います。

ところで、キリスト教でいう復活とは何でしょうか。復活とは、死んだ人が単に蘇生することではありません。復活というのは、死んだ体が栄光に輝く霊的な体によみがえることを言います。キリストご自身は、十字架に架けられて死なれましたが、生前に予言されたように、3日目に墓の中から復活され、多くの弟子たちに出現されました。キリストの体は生前の身体でしたが、状態はまったく違いました。それは、時空に影響されない栄光に輝く霊的な身体でした。

私たちも、もし信仰があれば、世の終わりに、栄光の体に復活するでしょう。そのとき、心身ともに完全・完璧な命を生きることになります。

聖書には「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである。」とあります。(黙示録21・3〜4)こうした希望こそ、復活の信仰にほかなりません。

多くの人々は、死者の魂が不滅なので、死後、生前の行いに応じて、来世の安楽を享受すると信じています。それで私は、死後、私の魂が天国に行き、そこで神を仰ぎ見て、永遠の安楽を享受するだろうことを信じています。そればかりではなく、死んで灰になってしまった私の身体も、世の終わりには、キリストのように、栄光に輝く霊的身体として復活し、私の魂と合体して、完全・完璧な私になることを信じ、期待しています。これこそ人間にとっての究極の完成ではないでしょうか。