2015年01月17日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

健康の秘訣

黒岩 英臣

今日の心の糧イメージ 今のお年寄りは、とにかくお若いです。

しかし、これが息子や孫の世代までの重荷にならざるを得ない、という事実も重いです。そこで、なるべく自立していられるように運動とか栄養面の工夫をする訳ですよね。

すると、霊験新たかか、「指揮者の人は長生きですねー」と、よく言われます。「指揮はすごい運動ですものね」と。

ですが、私はちょっとこの説を疑っています。と言うのも、私の師匠は今の私の歳で亡くなりましたし、また、先生に次ぐ世代の指揮者達も、大抵人並みか、又は、それ以前に亡くなっているからです。それで、私の結論は「指揮者は長生きする」ではなくて「長生きしそうな人が指揮者になっている」という、これは意味深ーい事実なのです。

 

と、こんな具合に考えてみますと、聖書にも「義人は早死にし、悪人は長生きする」(参:コヘレトの言葉7・15)と書いてありますから、「指揮者は悪人である」との結論になりそうです。

いやー、まてまて待てー!それはいくら何でも言い過ぎだろ、と周りから突き上げられそうですが・・。

しかし、神の御前である程度は苦しみ、悩みを甘受しつつ、つまり、他の人々の幸福のためには、極端に言えば、早死にをも喜んで受け入れる人は、神の招きの中で、考えも及ばない幸福と、湧き上がる命を生きる事となるでしょう。これは聖書全体のメッセージなのです。

そこで、もう一歩、指揮者論を進めてみると、「指揮者はそれほど悪人でもないので、早死にするかもしれないけれど、生きている間は健康である」というのはどうでしょう?

こうして私の健康の秘訣は、指揮をしている以外には、すぐ近くの大学病院に、妻共々かかっている事なので、この辺からちょっと情けなく、勢いも衰えそうですが・・。