▲をクリックすると音声で聞こえます。

心を一つに

シスター山本 久美子

今日の心の糧イメージ

 今年は、新型感染症の拡大のため、世界中で外出や集会等の自粛の呼びかけがあり、教会も公開ミサ等、活動の中止が定められました。これまでにないこのような状況が長引き、多くの人々が感染症に罹患し、亡くなられるニュースも相次ぎ、世界中のすべての人々が言いようのない不安やストレスを感じる事態になりました。

 しかし、一方で、このようなどうしようもない現実に直面し、私たちは、人間の無力さを実感し、自分一人では決して生きていけないこと、自分のためだけに生きているのではないこと、また謙って互いを思いやることの大切さを身に沁みて感じ、たびたび人間の存在を越える存在に手を合わせたい気持ちに駆られています。

 キリスト者としては、物理的に教会に集うことができなくても、心一つに同じ時間に祈る等、非常事態の時だからこそ、キリストにおける「和解と一致」へと世界中の人々が招かれていることをあらためて思い起こし、目に見えない形であっても、主における一つの教会、共同体に結ばれて生かされているという信仰を深める機会になっていると感じます。

 人生の不条理や厳しい現実、悲惨に向き合う時、祈ることにもたびたび疲れ、「祈ってどうなるのか」という疑問が頭をもたげることもあります。しかし、絶望せずに心一つに謙虚に神に祈り続ける時、たとえ現実の事態が変わらないように見えても、互いに支え合う人々がいて、さらに大きないのちに生かされ、地球と云う同じ船を漕いでいることに気付かされ、自分の心が、人々の関わりが、社会が少しずつ静かに穏やかに平和に変えられていくことにも気付かされるのではないかと、私は祈りのうちに切に願っています。