2019年03月08日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

たえず1歩前に

服部 剛

今日の心の糧イメージ  昨年、私はダウン症をもつ息子について綴った詩集『我が家に天使がやってきた』を刊行しました。前半は「ダウン症の告知から立ち上がる支えになったものは何か?」というテーマの詩を、後半は「日常に吹く風」についての詩を収めました。この「風」とは、人を導く、神の見えない働きのことです。

 この詩集はいくつかの新聞でとりあげられ、様々な読者の方から嬉しい感想をいただきました。ありがたいことですが、さらに〈この本に込めた"本当の命の価値"を人々に届けるにはどうすればよいだろうか?〉と考え続けた私は、心に一つの決意を持ちました。

 それは、『我が家に天使がやってきた』というテーマのお話と詩の朗読会を行うことです。一人でも聞いてくださる方がいれば出向きたい、〈人は本来、誰もが天使を宿す存在である〉というメッセージを人々と分かち合いたい、と願っています。

 イエスも仏陀も、または松尾芭蕉や良寛もきっと、目の前の人との出逢いを大事に、語らいながら日々の旅路を歩み続けたことと思います。私の胸にも今、言葉にならない旅への思いが湧いています。

 このように考える日々の中で、最近私はある女性写真家と出逢い、彼女がやっている小さな飲食店でお話と朗読会をさせていただけることになりました。

 彼女は学生運動が激しい時代に、その使命感から命懸けでシャッターを押した経験のある人です。世代の離れた私に、彼女は「あなたの詩は自分のことだけではなく、障がいのある息子さんのことを書いていたり、いつもお話して良かったと思えるのよ」と言ってくれます。その言葉を心に収め、これから私は御縁のある人々との出逢いを求めて、命のすばらしさを伝える旅を始めます。