天の国の鑑

熊本 洋

今日の心の糧イメージ

 今も昔も、人間は、東西を問わず、何かを信じて生きのびてきました。日本では、古くから神道、仏教があり、日本人は、その感化を少なからず受けています。平安時代の末期から鎌倉時代の初期にかけて、武士でもあり僧侶でもあり、歌人でもあった西行が詠った「何事のおわしますをば知らねども かたじけなさに涙こぼるる」のこの和歌は、数百年来、変わらぬ日本人のおおらかな宗教心を的確明快に表明しています。

 キリスト教はそれからずっと後、1549年、フランシスコ・ザビエルによって日本にもたらされ、1605年には、75万人もの信者がいたという説もあります。鷹揚な日本人の心のあらわれと言えます。太平洋戦争という大試練を経て、戦後、日本人は多くの宣教師によって福音宣教が推進されましたが、神道をはじめとする土着の精神的支柱と対決しようとしたあまり、思うような宣教成果がなかったという反省の声も聞かれます。

 幸い、バチカンでは、1960年代、それまでの他宗教に不寛容であった姿勢から、諸宗教との対話共存を重視する姿勢に大きく変りました。

 キリストは天の国について、真珠・畑に隠された宝・パン種など多くの具体的例で、「見ても見ず、聞いても聞かず、悟らない人」のために説いています。(参:マタイ13章)

これらの例は、それぞれ、人生における隠されている最高の価値のために自分のすべてを捧げる人の姿を描いています。そして神の業は、求めていようと、いまいと、すべての人の心に潜んでいるものであり、それに気付く人にとって、それは生き方そのものを変えてしまう強い力があることを説いています。

 日常生活の中に、そんな「宝」が潜んでいることに気付き、分かち合いたいものであります。

天の国の鑑

末盛 千枝子

今日の心の糧イメージ

 天の国の鑑、ということを考えた時に思い浮かぶのは昔友人からもらった美しい絵はがきです。それは、美しいけれど年老いたマリア様が、すこし悲しそうな表情をして、冠をいただいている絵です。この絵はそれまで見たことのないマリア様の姿でした。

 ギルランダーヨという画家の描いた絵の一部分で、フィレンツェの教会にあるもののようです。その絵はがきをイタリア土産にくれた友人のことをとてもいいなと思いました。その絵はがきは、今でも簡単な額に入れて、本棚に飾ってあります。何か、そこには、天国にたどり着くまでのマリア様の長い道のりが見てとれるような気がするのです。画家が彼女をあのように表現してくれたことをとても素敵だと思います。

 若くて美しいだけのマリア様だけでなく、大変な困難を越えてあそこに到達したあの方が思われます。確かに素晴らしいことをしているのだと信じながらも、息子にあのような死に方をされた母親のことを考えると、気が遠くなりそうです。どんなに悲しかっただろうか、どんなに切なかっただろうか、と思うのです。

 今の世界で、いろんなことで、息子や娘のために苦しんでいるお母さん達は、きっとみんなこのマリア様のお仲間ではないかと思います。悲しみの果てに天国に到着した時に、きっと特別なごほうびをいただけるに違いないと思います。

 世の中には、なんと悲しいことがたくさんあるのでしよう。そして、そのどんな場合にも、お母さん達は、みんなそれを、心の中で自分の責任だと思ってしまうのです。でも、マリア様が天国で待っておられると思うと、すこし勇気が出ませんか。

 あの方も同じ道を通ってこられたのだと。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11