2018年12月29日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

クリスマスと洗礼

崔 友本枝

今日の心の糧イメージ 「洗礼」の秘跡を受けてキリスト者となった人は、イエス・キリストが愛してくださったように自分も人を愛そうと努めます。

 「アリの街のマリア」と呼ばれた北原怜子さんの生涯を見てみましょう。

 怜子さんは終戦直後の昭和24年に洗礼を受けました。誰もが貧しい時代で、土手に穴を掘って暮らす人、土管を住まいにする人もいました。怜子さんはゼノ修道士によって隅田公園の一角の「アリの街」を知りました。そこでは廃品回収をしながら100人以上の人たちが肩を寄せ合って一緒に暮らしていたのです。怜子さんは、子供たちのクリスマス会を頼まれてからは毎日、歌やお祈りや勉強を教えに行きました。彼女は、次第にご自分に対する神さまのお考えに気づきます。そして、ついにアリの街に住んで廃品回収業者になることにしたのです。比較的裕福な家庭で育った彼女にとっては生やさしいことではありません。後に病のため働けなくなりますが、狭い部屋に住み、いつも微笑みながら周囲の人に温かな言葉をかけ、皆を愛しつづけました。

 その頃「アリの街」は東京都から立ち退きを命じられていたのでリーダーは嘆願書を書き、移転の許可を願いました。しかし条件が厳しく、道が見えません。怜子さんはご自分の命と引き換えに、移転先が与えられるように祈りました。祈りは聞き入れられ、「アリの街」に住む150人の生活は守られました。その3日後、怜子さんは28歳の若さで天に召されたのです。

 怜子さんは、キリストのように人を愛し、真に「神の子」として生き抜いた人と言えるのではないかと思います。

 この意味で、「洗礼の秘跡」も、その人の中に「神の子が誕生する日」として、「クリスマス」なのだと私は思うのです。