2018年12月12日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

わたしのクリスマス

古川 利雅 神父

今日の心の糧イメージ 12月に入ると街はクリスマス一色。辺りにはどんな光景が広がっているでしょうか。そしてみなさんは、これまでどの様にクリスマスを過ごされたでしょうか?

 私のクリスマスの懐かしい思い出。学校で一足早くクリスマスのお祝いがあり、その日風邪で学校を休んでいたら、担任の先生がプレゼントを家まで持って来て下さったこと。24日のクリスマスイブ、家の中にクリスマスの飾りをし、サンタさんからプレゼントを貰える様に靴下を吊るし、今年は何が貰えるかなと思って、心待ちにして床についたこと。クリスマス当日は、父の誕生日。みんなでお祝いするため、父が仕事から帰って来るのをひたすら待ったこと。

 社会人時代は、会社挙げてのクリスマス会に出たり、またクリスチャンになってからは、深夜のミサに出て、みんなで教会に泊まったり、真夜中にイタリア人の神父様と一緒に、信徒の方の家に行って一緒にお祝いをしたりなど、色々なことがありました。

 最近は、クリスマス・イブの夜はミサを捧げて、救い主の誕生をご一緒にお祝いした後、もう1つ担当している教会に行ってパーティーに参加。当日にもミサをしてお祝いして、修道院でお祝いする...この様なクリスマスでしょうか。

 人それぞれのクリスマスですが、クリスマスは、イエス・キリストの誕生の祝いです。目に見えない神様が目に見える人となり、私たちのところに来て下さった。これは本当に不思議なことですね。

 今年のクリスマス、大切な方と過ごすクリスマス、1人静かに祝うクリスマス、それぞれが、イエスの誕生に想いを向けては如何でしょう。思い出に残るクリスマスになるかも知れませんね。

 神様からの豊かな恵みと祝福が、みなさまの上にあります様に...。