2018年12月07日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

わたしのクリスマス

三宮 麻由子

今日の心の糧イメージ  2016年のクリスマス、私は「心のともしび」も放送されているニッポン放送の24時間番組「チャリティー・ミュージックソン」に出演しました。そして、視覚障害者への「声かけマニュアル」を監修し、ミュージックソンのホームページに掲載していただいたのです。

 近年、視覚障害者が駅のホームから転落して命を落とす事故が相次ぎました。これを受け、駅係員や乗客に「積極的な声かけ」を呼びかける動きが広がりました。事故への悲しみのなかで、社会全体が交通弱者の命に、より真剣に目を向け始めてくれたことは嬉しく思いました。同時に、その機運が長続きしてほしいと強く願い、ラジオでもその気持を伝えました。

 あれから、駅や道で声をかけ、手を貸してくださる方が増えました。「ここは1人で歩くほうが安全」というときに「ノー・サンキュー」を言っても「せっかく声をかけてあげたのに」と叱られることが少なくなり、自然に受け止めていただけるようになりました。

 いままでは「特別なお願い」だった駅での誘導や見守りも「普通のお願い」に変わりました。駅員さんたちがこれまで以上に自然に気持よく助けてくださるようになったのです。おかげで、電車が止まって慣れない駅で降りることになったときや、ラッシュアワーにちょっとだけ見守りをお願いしたいときも、安心して「お願いします」と言えるようになりました。

 やっとここまできた、というのが正直な感想です。

 ささやかな働きでしたが、クリスマスの、声かけマニュアル作りは、神様からの素敵なミッションでした。以来、私は大学の講義などでこの問題に積極的に触れるようになりました。

 こうして、2016年のクリスマスは、私にとって大きな1歩となったのです。