2018年11月15日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

分岐点

今井 美沙子

今日の心の糧イメージ 人類の中で、神さまからはっきりとした分岐点を示された方は、マリアさまではないかと私は思う。

ヨゼフさまと結婚し、おだやかであたたかい家庭を築こうとしていたマリアさまに、天使があらわれ、神様のお子様を胎内に宿し、産み育てて欲しいと告げられた。

凡人なら驚愕し、とんでもないお告げだと、即、辞退するところであるが、マリアさまは即座に「仰せのごとく我になれかし」と答えられた。(ルカ1・38)神さまからのお告げだとすぐに悟ったからである。人間からのお願いなら断ることもできたのだろうが、神さまからのお願いだから、右へ行こうか左へ行こうかと分岐点に悩むことなく神さまの指し示した方向へ歩まれることになったのである。

次にマザー・テレサを思い浮かべる。

マザー・テレサも列車の中で神さまのお声をお聞きし、貧しい人のために一生を捧げようと決心した。

私の知るシスターは、少女の頃、カトリックの幼友だちについて行って、地元の教会へ初めて入った。シスターの生家は仏教徒だったのである。

その教会でシスターは世にも不思議な体験をした。

幼いイエズスさまを抱かれたマリアさまの御像が、突然歩いてシスターの傍に来られた。そして、イエズスさまを腕の中に入れてくださった。しばらく、あたたかく柔らかいイエズスさまを夢見心地で抱かせていただいた。

その後、マリアさまはイエズスさまを抱かれて、元の場所へ帰られたという。

シスターはその経験からミッション系の学校へ進学し、成人してシスターになった。

神さまから分岐点を示されたからである。