2018年07月11日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

目覚める

村田 佳代子

今日の心の糧イメージ 聖書には「目を覚ましていなさい。あなた方は、その日その時を知らないのだから」というフレーズが、マタイ、マルコ、ルカ、と3人もの福音書家により記されています。

そして、「その日その時は、誰も知らない。天使たちも子も知らない。ただ、父だけがご存知である。」として、物事がいかに思いがけない時に起こるのか覚悟を持つようにと私たちに忠告しています。自然の災害が突然襲ってきたり、テロの襲撃事件などが日常の現実では、まさに納得です。

一方で、「目覚める」というのは それまでは眠っていたわけですから、ずーっと緊張して目を覚ましていた状態とは微妙に違います。「目覚める」とは覚醒することですから、辞書で「覚醒」とひいてみますと、「迷いから覚めること」「自分の非に気付くこと」などの意味にひろがることが解ります。

わたしたち人間にとって、現実では睡眠は健康を保つために大切であり、睡眠時間や睡眠の質が云々されるほどです。目を覚まし続けることは不可能です。むしろ、ぐっすりと快適な睡眠をとって気持ち良く目覚めるのは、最良の健康法でしょう。

神様はきっと 人間がつい居眠りをしたり 夜更かしや朝寝坊など、だらしなく眠り呆けてしまうことをよくご存じなので あえて「目を覚ましていなさい」と厳しく警告なさったのでしょう。そして、眠りから目覚めるその時をこそ、しっかり見ていて下さるように思います。自分を甘やかして言い訳をしたり 困難を後回しにしたりすることなく謙虚に反省し 勇気を持って悔い改めるかどうかをです。

一日を振り返り、感謝の祈りで眠りにつき、翌朝目覚める時、今日の予定や出会いを思い巡らせ、自分の迷いや至らなさを認め、神様の見守りを願う私です。