2018年05月17日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

愛でる

服部 剛

今日の心の糧イメージ レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を観ると、イエスの隣にいる使徒ヨハネは、身を乗り出すペトロの話を静かな表情で聴いています。イエスが「あなた方のうち一人がわたしを裏切ろうとしている」と言ったとき、弟子たちは互いの顔を見てざわめきました。一見すると、落ち着いているヨハネの表情は、これから始まるであろうイエスの受難を哀しみながらも、天の深いみ旨を知っているかのようです。

『最後の晩餐』は、いろいろな画家が描いています。

インターネットで検索すると、イエスがヨハネの肩を優しく抱いている絵が出てきました。観ているうちに、「その弟子をイエスは愛しておられた」という聖書の言葉が、私の胸に浮かんできました。この絵に作者の名前はありませんでしたが、イエスを裏切るユダが外へ出てゆく前の緊迫した場面だけに、自らの死を意識したイエスとヨハネの絆の深さが伝わってきました。

新約聖書の中でも、とくに『ヨハネによる福音書』を読んでいると、イエスが今も聖書の中から語りかけている感覚になります。

昔は、使徒ヨハネが記したといわれたこの福音書も、今ではヨハネの弟子か、思想を受け継いだ者が書いた、という説になっています。いずれにしても、在りし日のイエスの愛弟子として共に過ごした忘れ得ぬ日々と、哀しむ人に澄んだまなざしを注ぎ、聖なる霊の息吹のままに生きたイエスの姿は、ヨハネの心の中にいつまでも焼きついていました。「ヨハネの目」に映る風景の中で、あの日、十字架上で息絶えたイエスは、やがて霊的な存在となり、信じる人の心に住むーーという秘儀を、『ヨハネによる福音書』は、あなたにそっと、語りかけるでしょう。