2018年02月15日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

とりなし

湯川 千恵子

今日の心の糧イメージ 「とりなし」のテーマから、マザー・テレサの次の詩を想いました。

『人は不合理、非論理的、利己的です。気にすることなく、人を愛しなさい。あなたが善を行なうと、利己的な目的でそれをしたと思われるでしょう。気にすることなく、善を行いなさい。目的を達成しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。気にすることなく、やり遂げなさい。良い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。気にすることなく、し続けなさい.あなたの正直さと誠実さが、あなたを傷つけるでしょう。気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい。あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう。気にすることなく、作り続けなさい。助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。気にすることなく、助け続けなさい。あなたの最良のものを、世に与えなさい。蹴り返されるかもしれません。でも気にすることなく、最良のものを与え続けなさい』。

この詩は彼女の人生体験からにじみ出た愛の勝利の賛歌であり、弱い私たちへの力強い励ましのメッセージだと思います。

マザーがインドで、たった1人で始めた貧しい人々への愛の奉仕活動は、無理解な中傷や妨害に遇い困難を極めました。しかし彼女はめげず、全ての人に注がれている神の無償の愛を、目の前の貧しく見捨てられた人たちに注いだのです。すべての人に、人としての尊厳と愛の安らぎを感じて欲しかったからでしょう。

ひたすら神の愛を信じて奉仕し続け、そして愛は何よりも強く、人の心を満たして幸せにすることを世界に証明しました。ノーベル平和賞受賞はその証しでしょう。

私も少しでもマザーに倣い、周りの人に愛の心で接したいと思います。