2017年03月03日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

自分らしく

遠山 満 神父

今日の心の糧イメージ お金があれば何でもできると考えてしまいがちな私達、つまり富を神様のように考えがちな私達に、イエス様は、「誰も、2人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなた方は、神と富とに仕えることはできない」と仰いました。(マタイ6・24)

しかし私達は、日常生活の中で、2人の主人に如何に仕えるかという課題にしばしば直面します。例えば、何らかの組織に、あるいはグループに属していて、2人のリーダーの意見が食い違う時、はて、どちらに従えば良いのだろうと困惑したりします。両者の対立が深ければ、狭間にいる私達の苦しみも大きなものとなります。

キリシタン大名であった高山右近は、その苦しみを、乱世の時代に経験した人です。右近の主であった荒木村重が織田信長に謀反を起こした時、彼は、これを翻意させようと考え、身内を人質として村重に差し出し、説得しますが、功を奏しません。かといって、村重の側に着けば、信長がキリシタンを攻撃することは明らかでした。最終的に彼が選択した道は、自分の武士としての地位を捨てて、人質とキリシタンの両者を救うという道でした。彼は、最終的に、人を超える方を主として選び、その方に従う道を選んだのでした。

先に述べましたように、現代日本に生きる私達も、乱世に生きた侍たちと同じような苦しみを経験します。それは、どの主人に仕えれば良いのかという苦しみです。そんな苦しみを抱える私達が、唯一の誠実な主であるイエス様を見出すことができますよう、「右近殿、天国から祈って下さい」と叫ばずにはおれません。