心を開く

森田 直樹 神父

今日の心の糧イメージ

 今から30年以上も前のこと。時のローマ法王、ヨハネ・パウロ二世の噂話は耳にしていました。何やらすごい人が日本に来るらしい、と。実際、テレビの映像を通してこの目で見ると、空港に降り立ってから、日本の大地に接吻する姿や、障がいをもつ方々へのやさしいふるまいなどが見えてきました。

 まだ、洗礼を受けていなかった私は、「こんな人が教会の頂点にいれば、カトリックの洗礼を受ける人が増えるだろうね」と母に話したのを覚えています。その後、程なくして私は洗礼を受けるのですが、これは、私の心が開かれたひと時だったのかもしれません。

 ところで、聖書には、イエスさまと出会って、心が開かれた人の話がいくつかあります。例えば、本人の背が低かったために、イエスさまを一目見ようと木に登ってしまったザアカイの話や、人目を避ける事情を持ち、昼頃にこっそりと水をくみに来たサマリアの女性の話、重い皮膚病を患い、大声で助けを求めた人たちや、生まれつき目の見えない人が、これまた大声でイエスさまに呼びかけた話などなどです。

 これらの人たちは、イエスさまと出会って、心が開かれ、自分の置かれている状況を素直に見つめられるようになり、それまでとは違って、新しい生き方を選んでいきます。病や障がいを背負っていた人たちは、その病や障がいが取り除かれていきます。

 イエスさまとの出会いは、出会う人たちを変えていく出会いです。出会う人たちのありのままの姿を受け入れ、彼らの心を開き、そして、この人たちを新しい生き方へと変えていく出会いです。

 そして、このような人の心を開く出会いは、現代の日本でも起こり得ます。イエスさまとの出会いは、単なる過去の出来事なのではなく、現代にも起こる出来事なのです。

心を開く

岡野 絵里子

今日の心の糧イメージ

 「部下が心を開いてくれない」という上司の悩みを読み、職場の人間関係の苦労に感じ入ったことがあった。毎日の厳しい業務をこなしながら、心まで開かねばならないとは、何と大変なことだろう、また他人の心を開くなど、不可能なことに努めねばならない上司も、さぞつらいだろうと思ったのである。

 本来、人間は閉じている生き物なのではないだろうか。脳も内臓も閉じた身体のなかにあり、人としての精神は、更に奥深くしまわれている。

 閉じることで、一つの個体として生きているのであり、外界から自分を守っているのである。常に敵やライバルが隣にいるような現代社会では、なお自衛の殻を堅くして、内側にある柔らかい心を守らなければならない。それでいて、多くの人々と社交上は親しくつきあい、尊重し合っていかなければならないのだから、楽ではない。

 だが、そんな私たちでも、喧騒を離れて、ひとり静かに祈る時、身の内に、震えるような動きを感じることがある。それは、作り上げたつまらない殻を内側から叩き、開いていこうとする心なのではないだろうか。遥かな存在に向けて開くこと、ただそのために与えられて、ここにいるのです、と言う声も聞こえて来るようだ。

 自分を越えた遥かな存在を知った時、愛をもって包まれているのを感じた時、心は喜びに開く。世間に多忙で有能な人ほど、そのためには、祈りながら待つ、長い時間が必要であるだろう。

 生涯に一度しか咲かない花があるように、私たちも一生をかけて開いていく者なのかもしれない。ただその一生が、光を浴びていることに気づく日々であり、生かされていることを無心に喜び、感謝のうちに陽を仰ぎ続ける時間であるなら、つぼみにとっては、最高の幸福ではないかと思うのである。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11