2017年07月18日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

先取りする

森田 直樹 神父

今日の心の糧イメージ 年に1度、南の島に出かけるのを楽しみにしています。めまぐるしく駆け巡る日常を離れて、大自然の中に身を置き、聞こえてくる波の音にすべてを委ねるひと時がとても好きです。パンのかけらを小さくちぎって、魚たちにやるのも楽しいひと時です。今年出かけた島では、結構、大きな魚もそばに寄ってきました。

いつも一人で旅に出かけるので、旅行中の全ての事柄は「先手必勝」です。何事も早めに行動し、その後、ゆっくりと時間を過ごすことにしています。飛行機の搭乗手続きも先頭に並び、飛行機に乗る時も、早めに並んで乗り込みます。

「慌てているとよくない」と子どもの頃、よく聞かされましたが、「慌てた結果、報われる」と自分に言い聞かせて、何事も早め早めの対応をしています。時に、時間を持て余してしまいますが、ばたばたと何事かを急いで行うよりは、早め早めに、ゆとりをもって対応するようにしています。

このような旅の中で、いつも感じていることですが、こんな私よりもいつも先回りして配慮してくださる方がいらっしゃるのです。 私の小さな一喜一憂を超えて、すべてを良いように計らってくださる方の手を感じるのです。今まで、大きな計画の変更を迫られることはありませんでした。お天気が悪いことは避けられませんでしたが、おおむね予定通りの日程をこなすことができました。

これを言い換えると、神さまは「いつも先取りなさる方」です。私の思いや計画を超えて、いつも先に先にと配慮し続けてくださる方だと思います。

さらに言い換えると、神さまは、いつも、私たちが願うより先に、まず私たちを愛し、ゆるしを与えられる方なのです。

神さまの愛はいつも私たちの先をゆくのです。