2017年06月14日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

繰り返し

松浦 信行 神父

今日の心の糧イメージ 私は大変体の弱い子供でした。小さい頃は風邪をひくと2・3日は寝込んでしまいました。

神父になろうとしましたが、こんなに体が弱くては大丈夫だろうかと、東京の教会にいた頃、一念発起しました。

復活祭へと向かう準備の期間を教会では四旬節と呼んでいます。「そうだ!この四旬節の間、近くの別の教会までジョギングをしよう!」と決心したのです。

初めの1週間はとても順調でした。往復40分ほどのコースです。2週間目に入ると、天気が悪くなって、ある日は小雨が降っていました。しかし、せっかく続けたのだからと、小雨決行したのです。

ところが、その翌日には熱が出て、2日ほど寝込んでしまいました。健康のためにジョギングしたのが、健康を損ねることになったのです。止めようかと思い始めたのですが、これでは3日坊主ではなく10日坊主だと考えたものの、この10日間続けてきたことが、私にもう一度頑張ってみようという気持ちにさせたのです。

その後、何事もなく、復活祭を迎えることができました。私は、これで健康になれるという自信を持ったのですが、同時に不思議な感覚がそこにあることに気付き始めたのです。

それは、一つのことをやり遂げたという充実感と共に、やり続けることができたという自信だったのです。そしてそれは、こつこつと一つのことをやり遂げることによって起こってくる繰り返しの力だったのです。

それまでは、繰り返し祈ることや生活習慣など、無駄だと思っていたのですが、この繰り返しの力が、その人の思ってもみなかった心を作り出すという確信をそのとき気付いたのです。