2017年05月15日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

私たちのお母さん

植村 高雄

今日の心の糧イメージ 世界の悲劇的ニュースを聴いていると、何故、愛である神様は、このような世界を黙って見ているのかなあ、と悩みます。神様の沈黙の理由として「人間に自由意思を与えた代わりに自発的に努力して愛と平和の世界を構築しなさい」と、敢えて沈黙されているのでしょうか?

さて現代の地球上には実に沢山の民族がいて、平和な地区もあれば、朝から晩まで殺戮や哀しい事件が起きている地区もあります。何とか解決しようと、色々の人々が努力もしていますが、そんな中で私に1つの希望を与えてくれる学説があります。

それは遺伝子の学説の一つである「アフリカ単一起源説」、「イブ仮説」とも呼ばれていて、約20万年前、たった1人の女性から現代人は生まれたと主張しているアラン・ウイルソンの学者グループです。

地球上の現代人はたった1人の母から生まれている、つまり、私達は「わたしたちの{おかあさん}」を持っているという学説です。この学説は私が生きていく上でも、色々関わっているNPO団体においても大きな希望を私に与えてくれています。愛である全知全能の神様が何故、沈黙されているのか、と悩む時、まてよ、この学者に知恵を与えたのも愛である神様だし、私に学説を気付かせ元気づけたのも神様の働きかけかなあと思いました。

私は「人の身体は神の神殿」と信じていますので、大きな暴動事件や難民の生活を見ましても、それぞれの立場の人間に住む愛である神様が、それぞれに何をすべきか語りかけていないはずがありません。まして現代人80億の祖先が1人の母から生まれたと信じたら、どんな難問がおきて、今、答えが見えなくても明るい希望が生まれてきます。

何かを信じると見えてくるものがあります。