今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

心を開く

中井 俊己

今日の心の糧イメージ 自分の心を容易に開けない人は、これまで心を開いたがゆえに傷ついてきたのではないでしょうか。

心の奥にあるものを他人に言葉で伝えるのは勇気がいることです。たとえば、それが異性への愛の告白であれば、言葉にしたとたん拒絶される可能性だってあるはずです。または、自分の恥ずかしい過失を認めた言葉であれば、軽蔑されたり、非難されたりする恐れもあるはずです。

こうして過去に深く心に傷を負った経験のある人が、心を開くことが難しくなっても仕方ないと思います。

でも、人間は心を閉ざしたまま、自分の殻に閉じこもって生きていくことは、辛いことです。

誰かがその人の悩みや悲しみを聴いてあげ、その人を否定することなく受け入れ、寄り添って歩むことが必要ではないでしょうか。家族や先生、友人、あるいは医師やカウンセラーなど、信頼できる人に心を開いて話し、聴いてもらえれば、案外すっきりと落ち着いたり、問題が消えていったりすることがあるものです。そうして、その人はまた笑顔を取り戻して元気に生活していけます。

有難いことに、私も定期的に心を開いて話ができる習慣をいただいています。

カトリック教会には、キリストが制定した「ゆるしの秘跡」というものがあるのです。普通、罪を告白すれば、人間社会では裁かれますが、神はゆるしてくださいます。そのためには、罪を痛悔して神父様に告白することが必要です。また、二度と犯さないと決心し償いを果たすことも条件です。

「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」(マタイ9・13)

そう言われた神は、罪を悔いる人を決して軽んじることはありません。あわれみをもって、ゆるし、受け入れ、寄り添ってくださるのです。