今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

それでも感謝

岡野 絵里子

今日の心の糧イメージ 感謝の念は、人の心の奥から自然に湧き上がって来る。それは、与えられた恵みを知って、喜び、そして謙虚になる瞬間だ。だが、強制されて、感謝を表さなければならないとしたら、これほど重い仕事はない。

子どもの頃、母の日に感謝状を作ったことがあった。母に喜んでもらおうと、感謝の言葉を連ね、デザインも美しい賞状を作って贈った。母は気に入ってくれ、私もそれで嬉しかった。ただ、どうやら気に入られすぎてしまったようで、翌年から毎年、義務のように作ることになってしまったのである。感謝の気持がないわけではないのに、何だか、「感謝する喜び」が失われてしまったようで、気が重かった。

 

母は亡くなるまで 、一枚ずつ増える感謝状の束を、枕許に飾っていた。賞状の文章を、毎年新しく考えるのは大変だったが、このおかげで、感謝力とでもいう力が鍛えられたかもしれない。

感謝力とは、人間を幸福にする力である。

賞状を贈られた母も幸福だったと思うが、贈った子どもも、また幸福だったのである。感謝の言葉を考えることで、日々の中に、嬉しかったこと、誇りに思っていること、大切だとわかったことを見つけていたのだ。

幸福に恵まれたから、感謝するのでは、感謝力は働かなかっただろう。人は、感謝をすると幸福になるのである。幸せの種子は、探すほど見つかり、数えるほど増えていくような気がする。母の中に、いろいろな美点や長所を見つけてあげることで、母はより素晴らしい人になっていただろうか。私の感謝力は小さかったので、その辺りはよく分からない。ただ、年に一度の母の日に、子どもから贈られる感謝のおかげで、幸福な人であったとは思っている。