今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

壁を乗り越える

シスター渡辺 和子

今日の心の糧イメージ 「今の子どもたちは打たれ弱い。その理由の一つとして考えられるのは、この子たちは海で泳ぎを習わず、プールで習ってきているからだ」と言った人がいます。つまり、波にぶつかる機会がないまま育ってしまったために、世間の荒波にぶつかった時に、対処できないのだということでした。

道路についても同じことが言えます。今やほとんどが鋪装されていて、デコボコの道、泥んこの道、石ころ道を歩くことは少なくなりました。しかしながら、私たちの一生は決して平坦な道ばかりではなく、波風の立たない、適当な温度調節がされたプールでもないのです。沢山の障害物が立ちはだかり、行手を塞ぐ壁となっています。

育っている間、したいことは何でもさせてもらい、したくないことはしなくてもいい。そして、それが"自由"であるかのように育てられた子どもたちは、壁にぶつかった時にどうしてよいかわからず、落ち込んだり、生きる勇気まで失ってしまうことがあります。

"壁"というものは、人間が成長するためになくてはならないものなのです。世の中の厳しさを知るために、何もかもが自分の思い通りに行かないことに気づくために必要なものなのです。

今まで持っていた自分の価値観と異なる価値観があることに目覚め、自分を振り返り、自分の生き方、主義主張を見直す良い機会ともなります。

"壁"は必ずしも、乗り越えないといけないものばかりではなく、必要な存在でもあるのです。世の大人はもちろんですが、親、教師の立場にある人たちこそは、愛情をこめて、子どもの壁になるべきだと考えています。