今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

心を開く

越前 喜六 神父

今日の心の糧イメージ 心を開くということは易しくないと思います。特に、人生経験の浅い若者は、大抵、潜在的に内心、他人と比べると劣っている面があるのによく気づきますから、自分の劣等感を隠すために、心をなかなか開かないものです。

わたし自身がそうでした。大勢の兄弟の中で育ちましたが、末っ子のわたしは、兄たちや姉にも心を閉ざしていました。心を閉ざすとは、どういうことかというと、自分の思い、気持ち、願望、計画など言わないということです。ですから、わたしが内心、孤独の中で、神様や聖マリア様に祈っていることは、同じ家に住んでいても誰も分かっていませんでした。こうした心を閉ざした孤独な思いが、どれほど無常感や寂寥感をわたし自身に与えていたかは、まわりの兄弟も学校の友人も誰ひとりとして、知りませんでした。これは、幼くして母親を亡くした境遇が関係しているのかもしれません。

それが、今のわたしのように、人一倍自己を語り、オープンに自分の意見や考え、感情や意志を他者に言葉で表現するようになったのは、学校を卒業し実家を離れ、他県にいる兄夫婦の家に身を寄せ、その町の教会に通い、洗礼を受け、同年代の青年男女と語り合い、交わりながら、教会の活動に積極的に参加するようになってからでした。

心を開いて他者と語り合うためには、少なからぬ勇気が要ります。わたしは秋田県出身で口が重い方です。反対にわたしの移った信州では、教育県だけあって、男女とも、割合気持ちや考えを自由に言葉にします。こうしたカルチャーショックを乗り越え、当たって砕けろの精神で、信州の人々としゃべるようになったので、今の自分があると思っています。