今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
ナレーターの坪井木の実さん

毎日お話が変わります。

▲をクリックすると音声で聞こえます。

坪井木の実さんの朗読で今日のお話が(約5分間)お聞きになれます。

わたしが目指している道は

中井 俊已

今日の心の糧イメージ

 私が目指しているのは、天国に続く道です。

 その道は一人では歩けません。まわりの人たちともに、神様に導かれなければ、最終ゴールに辿り着くことはできないでしょう。

 しかし、それは誰もが歩ける道です。何も難しいことをする必要はなく、日常生活の小さなことや仕事を通して、まわりの人に愛を示し、幸せをもたらすように心がければ良いのです。

 私は23年間小中学校の教師をしたあと、本や記事を書いたり、講演をする仕事に転職しました。

 毎日、様々な場面で、考える一つのことがあります。本当に毎日毎日、大学生の頃から何十年もずっと考えてきました。

 それは、「今日、神様は自分に何を望まれているか?」ということです。

 もし、自分に神様が望まれることを考えてこなければ、創立間もない長崎の小さな学校に23年間勤めることはなかったでしょう。

 また、本を何十冊も書くことも、講演をすることも、こうしてラジオ放送の原稿を書くこともありえませんでした。

 いまの仕事は、いまの私に神様が望まれていることだと確信しています。ただし、仕事は何でも良いのです。もし神様が別の仕事を望まれるなら、別のことをすると思います。

 大切なのは、その日常生活の小さなことを神様のため、人のために行っているか、なのです。自分が行うことが祈りになっているか、愛をもって行っているかが重要だと思うのです。

 天国につながる道はいくらもあり、人によって辿る道は違うでしょう。

 この放送をお聞きの方も、無論、天国への道を歩むことができます。神様に導かれながら歩くなら、この旅路は苦しくとも楽しく喜びがあり、その先に永遠の幸福が待っています。