今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

心新たに

岡野 絵里子

今日の心の糧イメージ 新しいものには良い香りがある。おろしたてのシャツ、新鮮な野菜や茸。新学期に配られる教科書を開くと、良い香りがして、胸がワクワクしたことを思い出す。こんな気持になるのは私だけではないようだ。真新しい車独特の匂いがいつまでも楽しめる、新車の匂いのスプレーが売られているくらいだから。

本来、人間は新しいものが好きな生きものであるらしい。新しもの好きであるが故に、人類は進歩繁栄したのだと唱える学者もいるほどだ。

ところが不思議なことに、自分からかけ離れて新しいものは、人間は受け付けない。人が好むのは「なじみのある新しいもの」なのだそうだ。よく知っている野菜の中の、例えば新種のトマトやかぼちゃであれば、食べてみようと思う。しかし、食用トカゲでは、食べる気にはなりにくい。実際には美味しくても、爬虫類を食べることにはなじみがないから、受け付けないのである。

日常を楽しくするコツは、この「なじみのある新しいもの」に多く触れることであるそうだ。

私たちにとって、最もなじみのある、親しくて新しいものは何だろう。それは心ではないかと私には思われる。心はいつも私たちの内にいて、悲しんだり、喜んだりしている。大事にすることをつい忘れてしまうくらい、私たちに親しい。そして、私たち自身でありながら、なかなか思い通りにはならない未知の生きものだ。

ただ、心からは良い香りがする。新しいシャツに腕を通して、その香りに、今日を一日頑張ろうと思う時、心も良い香りを放っているのだ。

ささやかでも善きことをめざす時、陽の方角へ花が向くように、心はひらいて良い香りを漂わせるのかもしれない。

一日が新しく始まる時、心もまた始まる。今日一日の新しい心を始めたいと思う。