今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

子育ての実り

崔 友本枝

今日の心の糧イメージ ある方がこうおっしゃっていました。「子育ての実りを感じるのは、息子が自分から手を合わせて祈っている姿を見る時です。自立して、親より先に神に頼るようになったか、と感慨深いものがあります」と。各家庭には価値観があり、それに基づいた子育てをしていることでしょう。祈りを一番大切にしている家は、子どもに祈りが身についたとき「よかった!大切なことを自分のものにした」と胸をなでおろします。ある家庭では「どんな時でも人に迷惑をかけてはいけない」と教えるかもしれません。

我が家はどうだったかな、と振り返ってみました。父は仕事から帰ると毎日私を抱きしめてくれたのを鮮明に思い出します。私はしばらく無言で父の服の匂いをかぎ、愛されていることを味わいました。子供の時はまるでカエルのようにしがみついていましたが、中学生になると横抱きにしてくれたことを覚えています。いわゆる、「お姫様抱っこ」です。私は自分が大事にされているのを感じました。高校生になると、もう「だっこ」と言って腕を広げて父を見上げることはなくなりました。父はスキンシップだけでなく、私への愛情を「人格を尊重する」、という形でも表現してくれました。子供でも一人の人として認め、その年代なりの考えや気持ちを大切に受け止めてくれたのです。私の言葉を最後まで聞き、その後で父の意見を述べて自由に思ったことを言えるようにしてくれました。人として対等に扱われた喜びは、私の体に染みついています。

今、教員として生徒に接するとき、私は「一人の人間」として彼らとできるだけ対等にかかわり、その考えや気持ちを大切にしたいと考えています。