今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

わたしの好きなみ言葉

遠山 満 神父

今日の心の糧イメージ 私の好きな御言葉の一つは、イザヤ書の中の次の言葉です。「若者も倦み、疲れ、勇士も躓き倒れようが、主に望みを置く人は新たな力を得、鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない」。(40・30~31)

現代の若者の中には、年端もいかない頃から英才教育を受け、若くして大成功を収める人達がいます。メディアが取り上げるアスリートの人達も、そのような部類の人達だろうと思います。ただ、この人達の中には、一旦頂点に立った後、スランプ等に陥った時、どのようにしてそこから抜け出すか、それに苦慮している人達が多くいると聞いています。若くしてそのような重荷を背負う彼らに同情の思いを禁じえません。新たな若手が台頭してきたりする時、どのように平常心を保って生活していくか、それは誰もが抱えうる大きな課題です。

 

日本の中で重大な社会問題となっている「引きこもり」等の問題も、これと繋がっているのではないかと思います。詰る所、日本社会の中ではこれまで、様々な分野の英才教育は行われてきていますが、奈落の底に落ち込むような体験をする時、そこからどのように這い出せば良いのか、その教育が余りなされていないのではないかと思います。

イエス様は、潔白の身でありながら死刑に処せられるという、人類史上、誰も経験したことのない奈落の底の体験をされました。けれども、その後、復活し天に昇られました。

先のイザヤ書の言葉は、イエス様のそのような姿を彷彿させてくれます。

私自身も、スランプに落ち込む時、イエス様の服の裾でも良いので、掴まるようにしています。そうすれば、また直ぐに鷲のように翼を張って上ることができると思うからです。