あなたの傍に

会員へのお便りイメージ

 瞬く間に"猛暑の夏"が過ぎ、爽やかな風に癒される嬉しい秋を迎えました。
 店頭に並んだ色彩豊かな野菜や果物は、買い物客の食欲を刺激しています。

 特に今秋の喜びには、ようやく第五波コロナ感染縮小に伴い、緊急事態宣言の解除と規制緩和に多少の要因があるかもしれません。街行く人の姿から、何となく規制の重圧から解放された安堵感を見るからです。これも例年には無かった、今秋限定の実りの一つではないでしょうか。とは言え完全にコロナウイルスが消えたわけではありません。これからも感染防止を意識し、それぞれ出来る範囲で注意を怠らないようにしましょう。


 さて爽やかな朝のバス停迄の道すがら、いつもご近所の老夫婦の散歩に出会います。その日も「おはようございます」と声を掛けられ、慌てて「おはようございます」と笑みを作って返した言葉に、「頑張って」と微笑みながら小さな声で擦れ違い様、奥様に囁かれ「あっ、ありがとうございます」と、目覚めと喜びでお応えしました。爽やかな朝なのに夏バテで、睡眠不足の私の顔を察してか、奥様は "大丈夫ですか?"と体調を気遣ってくれたようでした。散歩途中の老夫婦から優しく声を掛けられ、何よりもそのお気遣いに癒されました。


 "今日生かされたことに感謝しなさい。今日委ねられた事を喜んでしなさい。今日も諦めないで精進しなさい"と、老夫婦のご挨拶から届きました。


 何時でも、何処でも、どんな時でも、いつも私たちの傍にいて、共に働き、共に歩んでくださる方がおられることを絶対に忘れないで欲しい。
 何故ならそのお方は、何時も私たちの為に祈っておられます。 特に、あなたの為に。


 皆様お一人お一人の上に神様の慰めと癒し、豊かな恵みが注がれますように
 祈りを込めて。

心のともしび運動 松村信也