今日の心の糧イメージ
共にある

健康とともにある者、健康そのものの人はまず健康に飢え渇くことはありません。健康と一体となっているからです。  空気と四六時中ともにある者は空気に飢え渇くことは...

今日の心の糧イメージ
クリスマスのメッセージ

うっそうと茂る御神木に囲まれた神社の境内、あるいは重厚な門構えのお寺の山門の前に立つと、神聖なる雰囲気が漂い、圧倒されることがあります。教会の中も同様、聖なる...

今日の心の糧イメージ
わたしが抱く平和

かつてキリシタンの方々は差別の意味を込めて「クロ」と呼ばれていました。これは白黒の黒ではなく、クロスすなわち十字架を意味することばに由来するもののようです。 ...

今日の心の糧イメージ
わたしの今の役割

気付いてみればこの道50年、よくも飽きもせず畏れ多くもカトリック司祭としての道を歩き続けてきたものです。  自分で感心してもしょうがないですが、約2万回近い回...

今日の心の糧イメージ
年長者と共に

長崎では教会学校で学ぶことを、「けいこ」とも言います。  それは、そこで学ぶことは単なる知識だけではなく、稽古すなわち修行の場でもあるからです。ですから、そこ...

今日の心の糧イメージ
母のぬくもり

母鶏のぬくもり、すなわちいのちを生み出す温度は38度だそうです。  昼も夜も、雨の日も風の日も、3週間にわたって卵を抱き続け、ヒヨコといういのちをこの世に産み...

今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

もう40年も前に亡くなった父の姿が、時折記憶の中によみがえってくるのは、あの骨太のたくましい手のぬくもりのせいでしょうか。  私たちはキリスト者として、よく「...

今日の心の糧イメージ
ホッとするとき

諸宗教者の集まりでのこと、食事中の雑談の中で、あるお坊さんがこんなことを言われたのです。  「あの世という所は、そこから誰も帰ってきた者がいないところをみると...

今日の心の糧イメージ
時のしるし

過ぎ行く「時」はそれ自体無色無臭で姿なきものですが、これにしるしが付くと、そこに潜んでいるものが、見えるようになるらしいのです。  これを「時のしるし」といい...

今日の心の糧イメージ
わたしの支え

輝かしい光のありがたさをほんとうに身に染みて感じることができるために、光とは真反対の闇の体験を強調することがあります。「逆説」といいます。 神さまがほんとうに...

1  2  3  4  5  6  7  8