今日の心の糧イメージ
わたしの今の役割

気付いてみればこの道50年、よくも飽きもせず畏れ多くもカトリック司祭としての道を歩き続けてきたものです。  自分で感心してもしょうがないですが、約2万回近い回...

今日の心の糧イメージ
年長者と共に

長崎では教会学校で学ぶことを、「けいこ」とも言います。  それは、そこで学ぶことは単なる知識だけではなく、稽古すなわち修行の場でもあるからです。ですから、そこ...

今日の心の糧イメージ
母のぬくもり

母鶏のぬくもり、すなわちいのちを生み出す温度は38度だそうです。  昼も夜も、雨の日も風の日も、3週間にわたって卵を抱き続け、ヒヨコといういのちをこの世に産み...

今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

もう40年も前に亡くなった父の姿が、時折記憶の中によみがえってくるのは、あの骨太のたくましい手のぬくもりのせいでしょうか。  私たちはキリスト者として、よく「...

今日の心の糧イメージ
ホッとするとき

諸宗教者の集まりでのこと、食事中の雑談の中で、あるお坊さんがこんなことを言われたのです。  「あの世という所は、そこから誰も帰ってきた者がいないところをみると...

今日の心の糧イメージ
時のしるし

過ぎ行く「時」はそれ自体無色無臭で姿なきものですが、これにしるしが付くと、そこに潜んでいるものが、見えるようになるらしいのです。  これを「時のしるし」といい...

今日の心の糧イメージ
わたしの支え

輝かしい光のありがたさをほんとうに身に染みて感じることができるために、光とは真反対の闇の体験を強調することがあります。「逆説」といいます。 神さまがほんとうに...

今日の心の糧イメージ
たえず1歩前に

世にラグビーという名のスポーツがあります。ボールを用いるスポーツのほとんどが大小の差はありますが、丸いボールなのに、このスポーツだけは奇妙な形のボールにこだわ...

今日の心の糧イメージ
子どもの祈り

私たち大人の子供を見る目はどうしても、どちらかと言うと、"劣っている"という見方に傾きがちです。 その原因の主なものは、まだ知恵がついていないということのよう...

今日の心の糧イメージ
『今日の』祈り

こんにちは。毎日交わすこの挨拶のことばに意味の詮索など無用なのかもしれません。挨拶のことばはそれだけで人々を繋ぎ、安らぎをあたえてくれるからです。 ただ、それ...

1  2  3  4  5  6  7  8