ホッとするとき

植村 高雄

今日の心の糧イメージ

 人は幸せを求めて旅をしています。山あり谷ありの旅ですが、疲れては泉のほとりでホッとしたとき、何故か再び元気を取り戻し、また長い旅を続けます。ホッとすると、人は何故、元気になるのでしょう?

 私自身の場合、日常生活で、どんな時にホッとするかを考えてみますと、周囲の人間関係での不信感が解消した場合とか、罪悪感や、劣等感、混乱感、絶望感などが見事に消えて、明るい希望や望む知恵や友情、愛をしみじみと体感した時等、心底、ホッとします。

 さて一日が終わり、暖かく心地よい自分の布団に入り込んだ時の安堵感は一段と深いものがあります。いつも考えるのですが、この就眠直前の安堵感は一体、どこから生まれてくるのだろうと。奇妙な解釈かもしれませんが、長い人生の旅が終わり、いよいよあの世に旅立つ時、この就眠時の安堵感があるような気がします。気が付いたら天国だ、となれば良いのですが、もし恐ろしい場所だったら嫌だなあ、とも思います。しかし、私には、あの就眠時の安堵感の意味は、どうも天国への旅立ちに勇気を与えて下さる神様からのシグナルではないか、と勝手に解釈しているのです。

 洗礼を受けた17才からの習慣からか、寝る時、「心も体もみ手にゆだねます。父と子と聖霊のみ名によって」だけは何故か真面目に祈ります。余程、愛である神様にしか頼れない自分の成育史があるのでしょう。まだまだ生きている間にやり遂げたい夢が沢山ありますので、大きなエネルギーが欲しい私です。

 人の身体は神の神殿と言われています。人は不安感や怒り、混乱感があると、健全な心身を保持するのは不可能ですので、何とか「ホッとするとき」で生き抜ける人生でありますよう神様に祈る毎日です。

ホッとするとき

湯川 千恵子

今日の心の糧イメージ

 昨年、クリスマスの翌日に容態が急変し、天に召された故郷の兄を思う度に、私の心はたった一人の兄を失った寂しさよりも、奇跡的に至福の刻を賜った神様の慈しみに、感謝の気持ちで一杯になるのです。

 兄は長年透析を受けていました。しかし故郷は遠く、なかなか見舞いに行けません。去年の春、やっと帰省した時、車椅子ながら家族共々外食して元気でしたので、安心していました。ところが夏に誤嚥性肺炎で入院し、点滴のみの生活となったと知りました。が、異常な暑さで見舞いに出かけられません。

 涼しくなっても、孫娘の結婚で上京など忙しく暮らす中、やはり心配で思い切って出かけました。

 甥っ子夫婦の出迎えを受け、病院を訪ねたところ、兄は褪せて寝てばかり。私が来たこともわからない様子です。「89歳という歳を思えば安らかに寝ているのはお恵みなのだ」と思い直し、全てを主に委ねて私は祈りながら宿で休みました。

 翌朝、兄を訪ねて驚きました。目を大きく開けて私を見るとぱっと笑顔になったからです。「まあ!兄ちゃん!目が覚めていてよかった!」兄も言葉にならない声を出して喜びました。それから約2時間、手を取り合って互いの孫の結婚写真を見せ合い、子どもの頃のことを話して笑いました。長居はできず、明日は透析の日で、もう会えません。別れ際、兄の額にキスしたら、照れ笑いの兄。握りしめた手を離して、部屋を出るまで手を振って別れました。

 帰宅後、兄が車椅子で散歩させてもらったと聞き、喜び、年が明けたらまた会いに行こうと思っていた矢先、突然の訃報でした。

 安らかな兄の顔に安心し、先日の「至福の刻」を感謝しつつ、天国への旅立ちを見送って、ほっとしたのでした。


前の2件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11