ホッとするとき

阿南 孝也

今日の心の糧イメージ

 「話を聞いてほしい」という電話が、東京在住の卒業生からかかってきました。そして10年ぶりに会うことになりました。仕事や家族についての悩みでした。彼の近況や考えに耳を傾けて、私の経験してきたことを話して、1時間ほどで別れました。その晩メールが届きました。「"よい決断だったとなるように、努力することが大切だ"という先生の言葉が、心に残りました。よく考えて、どうするかを決めます。ありがとうございました」。良いアドバイスができたかどうかはわかりませんが、少しでも役に立てたとすれば、嬉しい限りです。

 在学中さまざまなトラブルがあって、中途で退学した生徒が、突然校長室を訪ねてきてくれました。やんちゃをした出来事も、時間を経た今となっては、懐かしい思い出になっていることに気づきました。「先生、俺もっと勉強したらよかった」としみじみと話すので「勉強は一生もんや。今からでも遅くない。資格を取って、しっかり仕事しよう。君は昔から勘がよかったし、何より人に好かれる性格や。きっとうまくいく」と励ますと、にっこり笑って「わかった、頑張ってみる」と言って帰っていきました。

 まもなく教師生活40年を迎えます。この間、辛いことが幾度となくあったのは事実です。しかし、それに勝る嬉しいことがあったのも間違いありません。子どもの成長には時間がかかります。農家の人が作物の実りを待つように、漁師が網を仕掛けて大漁を待ちわびるように、教師や親は、子どもの成長を願いながら待たなければなりません。

 思春期と呼ばれる中学高校時代の子どもたちと日々接しながら、教え導く役割を与えられている幸せを、しみじみと感じています。

ホッとするとき

三宮 麻由子

今日の心の糧イメージ

 ある駅で誘導してくれた若い駅員さんが、落ち込んでいました。何度も車掌の試験を受けているのに落ちてしまい、しかも、「今回は血圧で引っかかってしまって」というのです。

 「もう年齢もぎりぎりだし、駄目かもしれません」

 私は慰めの言葉もなく困惑しながら、とにかく「試験を受けられるうちは受けてみられては」と言ってみました。そして、「これは私の経験ですが、たとえ100個の門が閉ざされても、101個目は開くことがあります。だからチャンスがあるなら諦めないで。私もご成功を祈っていますから」と付け加えました。

 以後、彼には会いませんでした。私はこの駅を通るといつも、彼のことを思い出していました。

 1年余りが過ぎたころ、別の駅で誘導してくださった駅員さんが、あの彼と同じ駅も担当していると話してくれました。そこでふと、「車掌試験を受けている駅員さんがいらして」と切り出してみました。すると、驚く返事が返ってきました。

 「ああ、その方なら、はい、いまは車掌になってます。ええ、彼のこと、知ってますよ。」

 「じゃあ、いまも話されることありますか」

 「はい」

 「私から、おめでとうございますと伝えてください」

 「承知しました」

 急に仕事口調になった彼は、きっと私の祝福を伝えてくれたことでしょう。そして車掌になった元駅員さんは、試験に合格してほっとしただろう、と思ったのです。

 トンネルの出口が見えないとき、私は「ほっとする」瞬間を夢見て進みます。神様はきっと、その瞬間を用意してくださっていると信じて。あの彼にも、その瞬間はちゃんと用意されていました。私は、彼の「ほっとするとき」のために祈れたことを、ホッコリ喜んだのでした。


前の2件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13