子どもの祈り

植村 高雄

今日の心の糧イメージ

 近所の幼稚園の子供達の会話を聴くと、昔読んだ小説「天使と悪魔」を思い出します。その会話は残酷だったり、天使の祈りのような言葉だったり。子供の言葉は迫力があります。

 さて1945年、アメリカとの戦争が終わり父の郷里でもある越後の山深い村に疎開しました。その村には静御前のお墓があり、その隣のお地蔵様に子供の私は何故か祈りに行きました。

 そのお地蔵様への私の祈りと近所の幼稚園児の会話に共通したものがあります。それは非常に本能的な祈りなのです。喜怒哀楽という感情をもろにぶつけた言葉を使っているのです。

 最近、私の読書に変化が出ています。購入する本は子供向けの本ばかり。その理由は、子供向けの本は実に単純で大きな喜びを私に与えてくれるからです。

 人間には本能があり、その一つに、デジデリウムとも言われている概念があります。その意味は、「ホモサピエンスには、深層心理の中に神を知りたい欲がある」という学説です。

 近所の幼稚園児の会話と、私の幼少時代の祈りの内容は、友達を呪ったり、天使のような優しい祈りもしています。

 私たち家族は、戦犯の家族ということで、その村の人は母に野菜を売ってくれませんので、母は隣村まで野菜を買いに行ったそうです。当時の私の祈りは「神様、どうか美味しいものを沢山食べさせて下さい」でした。その祈りが私の子供時代の祈りでした。あの時の熱烈な祈りを想うと、今の私の祈りは、なんとも迫力がありません。子供の祈りのような正直さがなく、小さな知識と人生体験が神様に近づくことを邪魔しているようです。

 子供向けの本を貪るように読む私、多分、神様が私に何かを悟らせようとされているようです。

子どもの祈り

湯川 千恵子

今日の心の糧イメージ

 最近、夕方の散歩に出かける時、ちょっと子どもじみた祈りをしています。

 まず十字を切って「天のお父様、イエス様、聖霊よ、今日もお散歩出来ることを感謝します」と言います。腰痛で自由に歩けなかった一時期を想うと、普通に歩けることが有り難いのです。そして「マリア様、ヨゼフ様、守護の天使と聖人、全ての天使と聖人、そして天国のあなた、主のみ前でのあなた方の絶えざる賛美と感謝の祈りに添えて私がこれから唱えるロザリオを主にお捧げいただきたいのです。よろしくお願いします。」と言って、ロザリオを唱え始めます。

 そうすると、昔、夫とヨーロッパの美術館で見た、主の御前で祈る無数の天使や聖人達の壮麗な情景が心に拡がって、私もその片隅で祈らせて頂く気持ちになれて嬉しいのです。

 幾つになっても天の御父の未熟な子どもですから、無邪気に甘えたいのです。

 家を出て通りを渡ると自然公園です。池の周りを巡り、里山の小径を登りながらロザリオを唱えます。マリア様、ヨゼフ様、イエス様の揺るぎない信仰と愛、十字架の犠牲のお蔭で今、私たちが救われている事を想い、感謝と賛美の念に満たされます。大きな切り株の処に来ると、その日のロザリオ1環が終ります。

 そこで「マリア様、拙いロザリオですが、あなたの清いみ手を通して主にお捧げ下さい。」とお願いしてから、家族や友人たちのために、また亡くなった夫や私の両親や先祖やお世話になった方々のために、一人ひとり名前を挙げて神の祝福とお導きを願いながら、広いグラウンドを1周すると約1時間。

 胸の思いの全てを主に委ね、軽くなった心で空を仰いで一休み。きれいな流れ雲が多い日は天使や羊に見立てて天国を夢見たりしています。


前の2件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12