子どもの祈り

シスター山本 久美子

今日の心の糧イメージ

 イエスは、御父なる神様に「アッバ」と呼びかけられました。この「アッバ」という言葉は、イエスが使われていたアラム語で「お父ちゃん」という意味です。

 天の父に「アッバ」と呼ばれたイエスの「子ども」としての父への親しみと信頼が如実に表わされる言葉です。

 イエスは、十字架上の極刑の苦しみにあっても、「アッバ」と叫ばれました。イエスにとって、苦しみの最中でも、全幅の信頼を寄せ、心の底から呼びかけられる御父とは、深い絆で結ばれた存在であったことがわかります。

 大人になった私たちは、次第に「子どもの心」を忘れ、正直な本音の気持ちを自分のうちに抑えて、自他共に求められるような社会生活を送っているところがあると思います。どこかで、「本音は吐露してはいけない」という縛りや緊張の中で生きているとも言えます。

 しかし、誰にでも、どこかに「子ども」のような本来の自分らしさがあります。高齢になると、「子どもに帰る」と言われるのは、もはや周りに、社会生活に適合しようというコントロールが効かなくなるからでしょう。

 イエスは、どんな時も、御父に対して、本来の「子どもの心」でいることができたのではないでしょうか。と言っても、イエスが子どもっぽい人だったというわけではありません。自分の正直な心をよく見つめ、それを御父に差し出し、心を開くことができたのです。

 聖書には、祈るイエスの姿が描かれていますが、それは、イエスにとって、「あるがまま」の自分自身でいられる御父との出会いの時だったのです。私たちも、イエスのように、「アッバ」である御父に「子どもの祈り」を捧げたいものです。

子どもの祈り

岡野 絵里子

今日の心の糧イメージ

 幼い子どもには、恐いと感じるものが沢山ある。私も幼い頃は恐がりで、守護の天使が一人一人についていてくれるのだと聞かされて、安心はしたものの、不安や恐怖は完全には消えてくれなかった。子どもは自力では生きられない弱い存在なので、身を守るために感じやすく出来ているのである。それで幼い私は、困った時やつらい時には、守護の天使と一緒に、よくお祈りをした覚えがある。子どもの祈りとは、弱き者の切実な願いなのだと今でも思う。

 詩人で童話作家のエリナー・ファージョンによる「ちいさなもののいのり」は、こんな言葉で始まる。

 「かみさま、どうぞちいさなものたちをおまもりください。/まだはねのはえていないものたちを。/おおきくなって つばさをひろげ/おおぞらをおもいのままにとべるまで。」

 子どもたちはまだ飛べない。けれども、いつか大空を自由に飛べることを信じ、希望を持っている。私たち大人は、子どもと一緒に子どもの夢と希望も守り育てるのが務めなのだ。それはどんなに嬉しい仕事だろうか。子どもたちが幸福になる姿が見られるのだから。

 祈りはこう結ばれている。「このちいさないのりをどうぞおこころにとめてください。/あなたのおまもりをねがう/おおきなものたちのいのりとおなじように」。そう、子どもたちが祈るのは、大人たちが祈る姿を見るからなのだ。

 まず私たちが祈りたいと思う。子どもたちが幸福であるように、その手助けをすることが、私たちの幸福でもあるように。そう祈る時、合わせる掌はよき願いを包み、灯のように明るむことだろう。


前の2件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12