子どもの祈り

黒岩 英臣

今日の心の糧イメージ

 我が家の息子は、カトリックの幼稚園、小学校に行っていたので、毎日、みんなと一緒に祈る時間がありました。その中で、自分が神様から愛されていること、親、先生、友達からも愛されているので、自分もまた他の人を愛する、大切にすることを、分かっていったと思います。

 その日常の一コマにこういう事がありました。息子が「何ちゃんてひどいんだよ。何々ちゃんをいじめるんだもん」と私の義理の妹に言いつけました。妹は、「そう?それはいけないわね。ハル君はそんな事しないのね?」とたずねると息子は、「ううん、僕もその仲間」と答えたそうで、妹は、「私、もう、ひっくりかえっちゃったわよ」とゲタゲタ笑いころげておりました。

 こんな風に、自分も同じ目線に立って人を見る、というおごりのない気持ちも育ったようで、これも祈りの実りとして、私達には嬉しい収穫でした。

 ところで、聖書の申命記という書物の中に、子供たちに関わる熱烈な記述がありますので、ご紹介しましょう。

 それは、主である神が、イスラエルの民をエジプトから救い出し、ご自分の民とした時に与えられた、十戒の説明の後に述べられています。

 「聞け、イスラエルよ、我らの神、主は唯一の主である。あなたは心を尽くし、魂を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい」(6・4〜5)とした上で、「今日私が命じるこれらの言葉を心に留め、"子供たちに繰り返し教え、家にいる時も道を歩く時も、寝ているときも起きているときも"これを語り聞かせなさい」と仰るのです。(6・6〜7)

 私も、幼なかった息子を寝かしつけるとき、たびたび聖書の物語を話し聞かせていたものでしたが、まさかここまで徹底してはいませんでした。主よ、申し訳ございません。

子どもの祈り

遠山 満 神父

今日の心の糧イメージ

 私は、子供の頃、余り祈りの生活をしてはいませんでした。それは、ただ単に、カトリックの家庭ではなかったと言う理由からだけではありません。もっと根本的な問題が、私の心の中に有りました。

 これに因んで、私が思い出す事が一つあります。それは、ある時期、2年ないし3年位続けて、親に預けていたお年玉が返ってこなかった事です。私自身何に使うかは考えていませんでした。ただ、預けていたお年玉が、いつの間にか家計の為に使われていた事に落胆しました。家計が苦しかったので致し方なかったのかもしれませんが、相談なしに使われていた事にショックを受けました。

 その時、「この世の中で、楽しみを後に回して大きな報いを後に期待する事は、無駄な事ではないか」、「神仏に祈っても何も役に立たないのではないか」と言うような、半ば諦めの境地に至ったのです。

 そのような私が、大学に入り、人間関係で苦しんでいた時、教会に通っていたある同級生が、「イエス様に祈ってみたら」と声をかけてくれました。

 その夜、私は跪いて祈りました。するとどうでしょう。心が軽くなり、この問題を神様が引き受けて下さった、というような思いが心の内に湧き起こってきました。

 子供たちは、小さくても、同じように人間関係で悩みます。そのような時、「一緒に祈ろう」と言ってくれる大人が側にいてくれたら、百人力です。加えて、この世で忍耐しながら生活すれば、必ず報いがあると言う事を、具体的に、小さな形ででも体験させてくれる大人が側にいてくれたら、それによって子供たちは、苦しみ多きこの世の命の後に、大きな幸せを準備して待って下さっている神様を知るようになるのではないでしょうか。


前の2件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11