子どもの祈り

森田 直樹 神父

今日の心の糧イメージ

 子どもの頃、運動会や遠足の前日になると、必ず「てるてる坊主」を作り、大声で一生懸命に歌いながら、次の日の良い天気を願ったことがありました。今から思うと、近所迷惑な子どもだったのですが、一生懸命大声で歌い続けていたのです。

 ところがどうやら、私は雨男のようで、なかなか「てるてる坊主」へのお願いは届きませんでした。いつしか「てるてる坊主」を作って歌うことはやめてしまいました。しかしながら、一生懸命心をこめてお願いしたことは記憶に残っています。

 子どもの祈りとは、真っ直ぐで、一生懸命なものだと私は思います。何の計算も思惑もなく、本当に素直なものです。たとえお願い事がかなわなくとも、子どもたちのお祈りの行為そのものが、とても大切なものだと私は思います。

 聖書はイエスと子どもたちの出会いを伝えています。(マルコ10・13〜15)

 イエスに触れていただくために、人びとが子どもたちを連れて来ます。ところが弟子たちはこの人々を叱ります。このような弟子たちの態度に対して、イエスは憤り、次のように語られます。「子どもたちを私のところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。」

 さらにイエスは続けられます。「はっきり言っておく。子どものように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」

 神さまに向かう子どもの祈りの奥底に流れているような素直さ、一生懸命さ、ひたむきさが何よりも大切なのだよ、とイエスは諭されます。

 そこには、自分を正当化しようとする思いや、自分の経験や地位で自らを飾り立てる態度はありません。ただ神さまの前に、素直にひたむきであることが求められているのです。

子どもの祈り

小林 陽子

今日の心の糧イメージ

 「どうかあしたの朝のパンに、ジャムがたっぷりもらえますように」

 こんなかわいらしい祈りが、アンデルセンの童話に出てきますね。お月さまがこっそりのぞいた幼い男の子の、「ねる前のお祈り」の場面に。

 ある神父さまはひとり祈るときによく子供用の祈りを使うと言われたそうです。

 たしかに「子供の祈り」はシンプルでやさしく、短いので、どんなに眠くて疲れている時でも、「さあ晩の祈りをしなくては」と頑張らなくても自然体で祈れます。

 子供用の聖歌もおなじです。

 神さまをほめたたえて歌うことは祈ること。

 わたしも掃除や台所仕事などをしながら、♪ありがとう、神さまありがとう、しんこうのおめぐみを♪と、歌っていたりします。

 「天におられるわたしたちの父よ」は、「主の祈り」の冒頭の神さまへの呼びかけですけれど、子供たちはふだん、お父さんに「父よ」とは呼びかけませんね。

 聖書に出てくるイエスさまの父なる神さまへの呼びかけは「アッバ」です。これは、当時使われていたアラム語で「お父ちゃん」とか「父ちゃん」などの幼児語のニュアンスだといわれています。

 「お父ちゃん」って、100パーセント信頼のひびきがありますね。どんなに叱られても、「お父ちゃん、ごめんなさい。もうしません」と心からあやまるなら、両手をひろげてゆるしてくださる、抱きしめてくださる方。

 そう、神さまは、わたし達をゆるしたくてしかたがないのです。どんなことがあっても愛して愛して愛しぬいてくださる。

 子供の祈りをとなえるとき、わたし達はいっとき幼子にかえって神さまの広い胸に飛び込んでいけるのではないでしょうか。


前の2件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11