子どもの祈り

服部 剛

今日の心の糧イメージ

 私は現在43歳ですが、いまだに〈大人〉という言葉の定義を知りません。私はいくつ歳を重ねても、神様の温かい日向に憩う永遠の子どもではないかという気がしています。

 2年前から『カトリック生活』という雑誌の「祈りの風景」という写真と詩の連載で書かせていただいていますが、私は今、そのなかのある詩を思い出しています。

  御手の上で

  目を閉じれば、この身は大きな掌の上

  私はいつもーー無限の陽射しを浴びている

  ゆっくりと目を開けば

  扉の向こうに、待っている

 この詩に書いたように、私という存在はいつ・何処にいても、神様の御手から降りることはできないでしょう。私が敬愛する或る作家は、在りし日に「神に捉まる」という宗教経験を語りました。秋の夜を煌々と照らす月が、どんなに歩いても追いかけて来るように、神様は心をこめて祈る人を歓び、その祈りを密かに受け取っています。そして、これから信仰と出逢い、洗礼の恵みへと導かれる人もやがて、神に捉まったという目には見えない事実が幸いであると知るでしょう。

 私はこの原稿を旅先の静岡県三島にある、夜の小川の流れを臨めるカフェテラスで綴っています。先ほど、店内で一枚の絵を見つけました。複製画ではありますが、18世紀のイギリスの画家・ジョシュア・レノルズが描いたその絵の中の少年は、少し憂いを帯びた瞳で無心に両手を合わせ、遥かな光の囁きに耳を澄ましています。イエスの存在を感じる少年は自らの内面を発光させているようでした。

 閉店時間になり店を出た私は〈少年の祈りの絵は、一体何を語っているのだろう?〉と思いを巡らせながら、旅の宿へと夜道を歩きました。

子どもの祈り

堀 妙子

今日の心の糧イメージ

 弟夫婦には3人の子供がいた。長男と長女は双子で、次男が生まれた。しばらくして4人目が生まれることになった。その頃、私はすでに東京の出版社で働いていた。子供たちの母親は新しく生まれる赤ん坊のために、3人の子供たちのおさがりを用意し、足りないものは買い足していた。ふとんは可愛い柄なのだが、兄弟が使ったため、色あせていた。その子の生まれる予定日は新年だった。私は4番目に生まれる赤ん坊のために、クリスマスにふとんをプレゼントすることにした。

 薄いクリーム色に教会の鐘が2つキルティングしてあるデザインで、新しく生まれる子のために布団一式を贈った。新年の1月13日に元気な男の子が誕生した。私は週末を待ちきれないかのように家に帰って、真路と名付けられた赤ん坊と対面した。目をパチっと開けて口もとは笑っているようだった。

 上の3人とは一緒に暮らした時期があるが、4番目の真路とは暮らしたことがない。たまに休みで帰った時に会うだけだった。

 私の母はその頃聖書研究会に入っていて、旧約聖書、新約聖書を二度通読していた。母は書道家なので、気に入ったみ言葉があれば色紙に書いていた。色紙を書くと、真路は、意味がわかっているかどうかはわからないけれど、次々と暗唱していた。まだ3歳になっていなかったと思う。

 ある日、私のアパートに電話がかかってきた。母は、真路が暗唱したみ言葉を聞かせたかったらしく、私の電話番号を押した。出たのは真路だった。「強く雄々しくあれ。うろたえてはならない。おののいてはならない。あなたがどこに行ってもあなたの神、主は共にいる」(ヨシュア記1・9)と言って電話は切れた。

 私の旅路の糧となった祈りだった。


前の2件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11