子どもの祈り

新井 紀子

今日の心の糧イメージ

 私の孫、杏奈ちゃんはママが大好きです。

 杏奈ちゃん4歳の秋のことでした。ママの具合が悪くなってしまいました。起き上がると吐き気が襲ってくるので、横になったままです。これまで一緒に遊んだり、本を読んだりしてくれたママが辛そうです。どうして良いかわからない杏奈ちゃんは、ママの隣で静かにしていようと決めました。

 「ママの病気が早く良くなりますように」。祈りが届いたのでしょうか、ママの調子が少し良くなりました。幼稚園のお迎えもできるようになりました。するとママから教えられました。

 「杏奈ちゃんは、お姉さんになるのよ」

 ところがあと2か月で生まれるという3月になって、ママは病院に入院してしまいました。入院して安静にしていないとママの命も赤ちゃんの命も危ないのだそうです。大変です。

 これまで杏奈ちゃんはママと離れて寝たことがありませんでした。パパは杏奈ちゃんのために、家で仕事ができるようにしてくれました。ママに会えるのは、1週間に1度の面会だけです。寂しくてたまりませんが、頑張りました。

 4月の半ばになり、ようやくママが赤ちゃんを産む日になりました。病院の待合室で待っていると、保育器に入った赤ちゃんが連れてこられました。杏奈ちゃんに弟ができたのです。

 8日ほどたって、ママと弟は無事退院してきました。杏奈ちゃんは弟が泣くとママに知らせたり、おむつを持って行ったりします。弟が可愛くてたまらないようです。

 杏奈ちゃん5歳の誕生日になりました。「大きくなったら何になる?」ママが聞くと、「お医者さんになる」と答えました。

 七夕になりました。杏奈ちゃんが短冊に書いたのはこんな言葉でした。

「ママを守れますように」

子どもの祈り

古川 利雅 神父

今日の心の糧イメージ

 幼稚園に朝登園してきた子どもたち、聖母子像の前で、小さな手を合わせて、イエス様、マリア様、おはようございます。行って参ります...。一日の初めに小さなご挨拶・お祈りをしてから先生方の待つ建物へ。一所懸命に祈る、祈ろうとするその姿に心を打たれますね。

 小さな子どもは、大人と違って沢山のことが1度に出来なかったり、沢山のことを1度に覚えられないことが多い様に思います。そうだとすると必然的に今のこと、目の前のことに全力投球、一所懸命になりますね。そのひたむきな小さな姿に心が打たれるのでしょうね。

 そのことを想いながら自分の胸に手を当てて振り返ってみると、大きくなった私たちは様々な事柄について、片手間に物事をしていたり、心ここに在らずで何かをしていることはないでしょうか。知らないうちに、祈りについてもそうなっていなければ良いのですが...。

 私がその昔お世話になった神父様は、祈りについての説明で「神のために時間を燃やす」と言っておられたことを思い出しました。 あらためて子どもが祈るひたむきな姿を想うと、短い時間、ほんの一瞬かも知れませんが、神のために時間を燃やしている様に思います。

 子どもが精一杯、自分の存在全てをあげて手を合わせ祈っている姿を想い浮かべながら、その姿を見習ってはいかがでしょうか。ひたむきな心で「神のために時間を燃やす」ひと時、その様な祈りの時を持つなら、私たちの生活は大きく変えられてゆくでしょう。

 私たちは様々なことのため時間を取りますが、神様のため時間を取っているでしょうか。神様のため時間を燃やしているでしょうか。どうか私たち一人一人が神様との時を大切に過ごしてゆくことができます様に。


前の2件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11