『今日の』祈り

湯川 千恵子

今日の心の糧イメージ

 先日、友人と行った土佐湾の、快晴の青空と紺碧の水平線を180度見渡せるカフェで見た、素晴らしい絶景とその奇抜な設計に感嘆し、とっさに言葉にならない祈りを胸の奥で繰り返していた。

 超多忙な彼女が、時間を割いてその場所に案内してくれたことへの感謝と、降り注ぐ陽光に主の祝福を感じて「刻よ、止まれ!」と念じつつ、喜びと感謝に満たされて祈り続けた。

 反対に私自身や家族、友人達がどうしようもない困難に陥った時も、救いを求めてこの祈りをそっと唱えている。すると心が軽くなり、解放された気持ちになる。信じて委ね切れば守られるのだ。

 この不思議な祈りは、専業主婦の私がニュースキャスターに引っ張り出されて初日を迎えた前夜、不安に耐えきれず祈り始めた時、不意に私の胸の奥から迸りでてきたのである。テレビニュースの仕事は我が身を視聴者にさらしての生放送で、極限の重圧がある。しかし天を仰いでこの祈りをすると、心臓は緊張で飛び出しそうなのに、心の奥は平静でリラックスできる事を体験した。

 後に、それは聖パウロが手紙で言っている「異言」を語ることのようだと思った。(参:1コリント14章)英語では「タングツイスト・プレイヤー」と言うように、舌を転がして意味の分からない音声を歌うように発するその祈りは、まるで野の小鳥になって無心にさえずっているようだ。悩みは消えて軽やかに空を飛び回る気分である。

 要するに「父と子と聖霊」への賛美と感謝の信仰宣言、生きて働かれる聖霊とのコミュニケーションの、直通110番のようなものかと思う。「イエス様 愛します。助けて下さい!今来て下さい!あなたに委ねます!この方に祝福を」という私の射祷なのかとも思うのである。

『今日の』祈り

堀 妙子

今日の心の糧イメージ

 祖父は橋を架ける仕事をしていた。大雨の日でも現場に行き、雨ガッパに長靴を履いて、工事の様子と作業員1人ひとりを見守っていた。私は子ども心に祖父の佇まいが心に焼きついた。

 祖父は自分のふる里で飼っていた馬の親子の話を、幼い私に何度もしてくれた。祖父の実家は山あいの村にあり、農業をなりわいとしていた。田畑の周りには、林もあり谷川もあり沼もあった。家の近くには馬小屋やニワトリ小屋もあった。日中は、馬もニワトリも放し飼いをしていた。

 ある時、仔馬が産まれた。仔馬は起きている時にも、眠る時にも母馬にぴったりとついて、片時も離れることがなかった。少しずつ歩く練習をするが、その時でさえ、母馬に仔馬は体の1部をつけていた。走る時にも母馬のそばに寄りそっていた。次第に母馬と仔馬は少し遠くまで出かけるようになった。

 ある朝、祖父の一家は、馬の親子が仲良く走っていく後ろすがたを見送ったという。しばらくして、仔馬が1頭で走ってきて、庭先で急を告げるいななきをした。母馬のそばを離れたことのない仔馬なので、何かあったのだと、家中の者が仔馬の後を追いかけた。するとそこは水草が絨毯のように浮いている沼だった。母馬は沼でもがいていた。沼はもがけばもがくほど泥がまとわりつき沈んでいく。皆で母馬を助けようと様々なことをしたが、ついに沈んでしまった。

 私にとって祖父の話は、仔馬が母馬の急を告げにきたところで止まっていた。今、自分自身の祈りをふり返って見ると、馬の親子の話がよみがえってきた。

 朝起きたら、主イエスのもとに仔馬のように駆けていき、「今日、主イエスが私に望まれることは何ですか?」と自分の思いを超えて聴こうと思った。


前の2件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11