『今日の』祈り

小林 陽子

今日の心の糧イメージ

 いつでも「祈り」は、そして「祈る人」のすがたは美しいものだと思います。

 修道院の聖堂で、ひとりのシスターが一心に祈っていらっしゃる姿に感動したのは小学校6年生のとき。その修道院の日曜学校で、はじめてイエス様のお話を聞いたのです。

 修道院では、毎日、早朝のミサの前に唱える「朝の祈り」のなかで、シスター方に祈りを頼まれた、その1人ひとりの方々の為に祈りを捧げます。

 それぞれお名前をあげて「ご病気の○○さんが一日も早く回復なさいますように」とか、「今日、大きな手術をなさる○○さんに良い結果を」など、具体的にていねいに祈ります。

 「シスター、お祈りお願いします!」と、最後のよりどころ、というように修道院に駆け込む方の信頼に応えて。

 

 シスター方全員が心を合わせて、祈ってくださると思うだけでも嬉しく、心があかるく希望がわいてくるでしょうね。

 もうひとつ、感激したのは、M神父さまの、朝いちばんのお祈りのお話です。

 「神父さま、学校に行く前は、ごはんを食べなきゃならないし、遅刻しないように慌てて家を出たりして、ゆっくり朝の祈りをしているヒマはないんですよね。どうしたらいいですか?」と訊いたのは、ある中学生。

 神父さまがおっしゃるには、「ぼくは朝起きたら、まず窓を開けて、神さま、お早うございます!とごあいさつする。4秒だよ、4秒」そうか。4秒でいいんですね。

 新しい1日の始まる朝の光のなかで、神さまに、「お早うございます!」と呼びかける、それもステキな祈りではありませんか。

 その続きは電車の中でもバスを待っているときでも、どうぞ。

 今日いちにちが神さまのみこころにかないますように。あるいは秘密の願い事でも・・・。

『今日の』祈り

松浦 信行 神父

今日の心の糧イメージ

 修道会に入会するための修行の時を修練期と言いますが、その頃私は、福岡にある「黙想の家」という、祈るための施設で働いていました。

 その時、修道女の方からこんなことを聞きました。「イエスの御名の祈りをしてご覧なさい。続けてしていると3ヶ月、半年後にはイエス様との間が親しくなりますよ。だまされたと思ってやってご覧なさい。」

 それで私は、その言葉に触発されて、小さな「イエスの祈り」の紹介本を買い、「主イエスの御心よ、罪人の私をあわれんでください」を私の祈りとしたのです。それこそ、呼吸に合わせるかのように、繰り返し繰り返し祈りました。短い祈りですから、山登り修行の時も、掃除の時も、どんな時でも、心に浮かぶようになりました。その祈りは、私のイエスとの関わりを根本的に変えました。たぶん私の信仰のステップを、1段深めていったと思います。

 その後、人間関係で困難なことを抱えたときや、阪神淡路大震災で救援本部を立ち上げるという困難な使命を受けたとき、また、人の悩みを聞いてどうしてよいか分からなくなったとき、そして、出会った人の幸せを思うとき、この祈りが自然と出てくるようになりました。

 最近になって考えます。それは、特に私が苦しいとき、怒ったとき、悲しいとき、意味がわからなくなったとき、それでもそこに同伴するイエスが佇んでいると思い浮かべることが、どれほど大切かと言うことです。

 イエスを意識できること、それも無意識の時でも心の奥底にイエスの居場所を設けていると、人生を生きる土台が見えてくる、その営みが祈りなのではないのかと思うのです。

 「イエスの祈り」を唱えるとき、私に「あなたは孤独ではない」と言い続けるイエスが見えてくるのです。


前の2件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11