『今日の』祈り

小川 靖忠 神父

今日の心の糧イメージ

 朝の祈り、食前・食後の祈り、お告げの祈り、夕の祈り等、1日のうちで時間が決められ、とても大事にされていたのが神学校での日課でした。100人余りの中高生が共同生活をしながら、それぞれの個人的な目標も成しとげていったものです。

 小神学校入学が、病気のために1か月遅れたわたしにとって、当時の最大の苦しみの一つは、「英語」の授業でした。極度の辛さが続きますと、すべてが嫌になってきます。解らないということは、教科もさることながら、授業そのものがまったく面白く、楽しくなくなるのです。

 この時には祈りました。願いました。「解らせてください」と。学習を諦めることにではなく、「祈る」ことに逃げたのです。そうしますと、勉強法にも工夫を凝らすことができるようになったのです。

 「急がば回れ」といいます。何か物事をするとき、時間や手間がかかっても、安全で確実な方法をとったほうが、結局は早いというたとえですが、この時、まさにそうだなという体験をし、実感しました。

 「祈り」は、なんとなく祈るというのではなく、その時の生活の一瞬一瞬に合った内容が、その人の心の叫びとして神のもとにたどりつくのではないでしょうか。だから、祈りは抽象的であってはいけないのです。あくまでも具体的で、詳細であることが望ましいと、この時の体験を踏まえて思ったものです。

 そのような祈りを一言でいうならば、「射祷」です。わたしたち一人ひとりが違っているように、祈りの中身も異なります。「わたしだけ」の祈りが、しかも「今日の」祈りがあるのではないでしょうか。神はその違いを今日、しっかりと受け止めてくださいます。

新たな一歩

熊本 洋

今日の心の糧イメージ

 新年を迎え、だれしも、新たな第一歩を踏み出したに違いありません。それぞれ、なにか、念願を達成しようと意気込んでいます。そのような意気込みとともに頭に浮かぶのが、中国古典の名言、「まことに日に新たに、日々に新たに、また日に新たなり」という言葉。この言葉が意味するところは、今日の行いは、昨日よりも、よくなっており、明日の行いは、今日よりも、さらにベターになるということであります。だれしも、願うことでありますが、中国古代・殷の湯王という初代国王は、毎日、この名言を自ら戒めの言葉とするため、この言葉を洗面の器に彫りつけていたと伝えられています。

 ところで、聖書の中にも、「日々新たな生活をする」ことを勧める言葉があることは見逃せません。その一つは、新約聖書の中のコリント人への第2の手紙のなかの「私たちは、落胆しません。たとえ、私たちの『外なる人は』衰えていくとしても、私たちキリストと共にある『内なる人は』日々新たにされていきます。」という言葉。(4・16)もう一つは、旧約聖書の中の「青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々の来ないうちに、"年を重ねることに喜びはない"という年齢にならないうちに」という言葉であります。(コヘレト12・1)

 いずれも、高齢化社会へ一つのアドバイスとして目を引きます。年をとり、若い時と違って、だんだんと腰も曲がり、力も無くなり目は見えにくくなり、耳も聞こえにくくなる。そんな時がきてから何もない、夢も希望もないと言わないように、若い時にしっかりと主なる神を信じて生きなさいと力説しているのですが、大いにうなずけることで、ぜひとも、そのように人生を全うしたいものであります。


前の2件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14