子育ての実り

黒岩 英臣

今日の心の糧イメージ

つい数日前、息子がひと月ぶりに日本に帰ってきました。

今回はベルリンでピアノコンチェルトを演奏し、パリ近郊でも音楽会に出演した上、新妻と連れ立っての、新婚旅行も兼ねた演奏旅行となりました。

私達夫婦は息子がこうして自立してゆくのを見ることができて、正直、ホッと安堵しています。新妻の両親は仏教の家系ですが、私達の息子をそれはそれは愛してくれているので、その点でも、私達は実に恵まれています。

とにかく、やっと巣立ってくれた!!これが偽らざる実感です。

ピアニストとしても勿論、これからキリスト者としても育ってくれれば、私達にはこの上ない喜びです。

思い返せば5才の時、近所の女の子がピアノを始めたのが、もううらやましくてたまらず、毎日その子のあとを追いかけまわして、その子の弾く通りにピアノを弾いていたのが始まりでした。

それが、音楽高校の時期には一人前以上にグレて、演奏面では学校を代表する生徒でありながら、学校と事を構え、他校とのコンサート出演をキャンセルする程の、反抗ぶりだったのです。

その理由が、長く伸ばした髪の毛を派手なオレンジ色に染め、それを真っすぐ上に向けて、まるで煙突のように立てているのを、やめろ、やめないとの争いだったのです。

これが、そのあとイタリアへ留学し、その後ベルリンへ移り、丁度、日本で18年、ヨーロッパで18年という、2つの故郷を持つピアニストに育ったという訳でした。しかも、留学先で知り合った女性と19年の歳月を経てつい先ごろ、やっと結婚に至ったのですから、2人の間も勿論、神様の導きは何とも計り知れないものです。

それと共に、あのとんでもないオレンジ頭も、今は昔となっておりますが・・。

子育ての実り

村田 佳代子

今日の心の糧イメージ

「親が先に居て、子供を生み育てる。子育て中の責任は親の側にあります。とは言え、子育てにおいて、全ての親は初心者で未熟者であるのも事実です。子育てにぶつかりながら自分も育っていく。方法は拙くとも親は全力で子供に向かうものですから、場合によっては、親が子供に謝ってもいいのです。」大学時代、児童心理学と発達心理学の講義をして下さったO教授のお言葉です。

先生は生涯独身でいらしたので、よく冗談半分に「私が学会で発表すると、それは理想で現実の体験なしにそれはないとか言われて、悔しい思いをすることがあるの、どうぞ皆さんのお子さんで実験してくださいな。きっと確かな結果が出る事、間違いなしよ」といわれたものです。

私は24歳で長女を授かりましたが、妊娠が解った時、教授に子育て実験をする決意をお伝えしましたので、先生から1冊のノートを頂いていました。子供のベッドサイドに置いて、駆けつけるたびに印をつけるのです。初めて言葉らしい発声をしたときの音も書きとってあります。赤ちゃん日記の様なものですが、後で書くのではなく一瞬毎の記録なので、自分がどんなに慌てたか驚いたか、不安も喜びも初心者ならではの記録になりました。

教えないのに言葉の発達がはやく、気持ちを全身で表現する元気な子で、親に似たところもありますが、全く違う人格だと気付かされることの方が多く、神様が授けて下さったと実感する日々でした。

それから今日まで半世紀近くなりましたが、親が謝ることの大切さ、子供の可能性を信じ、老いていなくとも子に従っていい場合があるということを、度々体験しました。次女の時には、別の体験があり、「子育ての実り」は人生の賜物です。


前の2件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14