2017年06月26日の心の糧

繰り返し

服部 剛

今日の心の糧イメージ この冬、息子の周は重いてんかんを治す食事療法のため、神奈川のこども病院に入院し、私と妻は交代で面会に通いました。病院の廊下には同じくダウン症をもつ書家・金澤翔子さんが以前にこの病院を訪れて書いた【共に生きる】という優しくも猛々しい文字が飾られており、私はいつもその字をひと時みつめ、<よし!>と心を強くしてから息子のいる病室へ向かうのでした。

翔子さんが【共に生きる】という字を書いた講演会の後、私達は母親の泰子さんと初めて話をしました。あれから2年、翔子さんの魅力ある作品の秘密を伺いたく思い切って電話をすると、泰子さんは穏やかに私の質問に答えてくださいました。

「翔子が書道を始めた頃、字を書く時に平行の感覚を理解できなかったので、外を歩いては線路を見せました。また、文字の右上がりの箇所については一緒に坂を上り、その感覚を伝えました。毎日翔子は般若心経を写し、思うように書けず涙を流していましたが、諦めず書き続けていました。そのくり返しが今の翔子の作品の土台になったと思います。ダウン症をもつ人は世の中に汚されることのない純粋な魂の持ち主で、翔子が字を書くと天とつながっているようなハッとする瞬間があります。夫に先立たれても、私にとって書道という存在があったからこそ、今日まで翔子と共に生きる道を歩めたのだと思います」

私は「息子は5歳ですが、話すことも歩くこともできなくて...」と言うと、泰子さんは「5歳なの? いいわね、これからよ!」と明るく応えてくださいました。電話を終えた後、私は息子の秘めた可能性をゆっくり引き出す極意を教えていただいたようで、心の中に仄かな希望の明かりが灯るのを感じました。

2017年06月24日の心の糧

繰り返し

古川 利雅 神父

今日の心の糧イメージ こつこつこつこつ。少しずつ少しずつ。私たちは毎日の生活や人生の中で、様々なことを行っています。生まれたとき、何にもできなかった私たち。でも段々に成長してゆく中で、ちょっとずつ、ちょっとずつ、必要なこと、沢山のことを覚えていく、学んでゆく、そして身に着けてゆくのでしょうね。

最近こんなことが。高速道路を運転中、だんだん気になりだした場所があって、ちょっと体をかいたら、あっちもこっちも、かゆいかゆい。こんな時は、何もしないで我慢しなければいけなかったのだっけと思いつつ、かいてしまって後の祭り。そういえば、前にもあった様な気もするなあと思い出し、ただただ反省...。

何とか修道院にたどり着いたものの、じんましんが体中に広がり、かゆくて収拾つかない状態に。かいてはダメ...と自分に言い聞かせて、何とかベットに潜り込んで、じ~っとしているうち睡魔に襲われ、気づくと朝に...。腫れが幾分か引いてきてようやく安心。その後、念のためお医者さんには行きましたが。

私たちは様々な経験を通して、その繰り返しの中で、少しづつ成長してゆくのでしょうね。繰り返しを恐れず、大切にしながら歩んでゆくとき、私たちは段々に変えられてゆきます。同じことが起こっても、同じことに遭遇しても、対応は前と異なっているかも知れません。

そう考えると、私たちの人生の歩みの中、繰り返しの様に見えても、きっと全く同じもの、同じこと...というものはないのかも知れません。実際には一期一会なのでしょうね。物事を大切に、出会いを大切にともに歩んでゆきましょう。

今日も新たな日が始まってゆきます。「今」という時を大切にしながら、日を重ね、月を重ね、年を重ねてゆきましょう。


前の2件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11