2020年11月01日の教会の祝日

諸聖人の日

聖人と呼ばれる人は、二種類に分けられます。それは、聖人の中で殉教者と呼ばれる人と証聖者と呼ばれる人です。

殉教者は、最後の最後までイエス・キリストの苦しみを自分の苦しみとして「信じ」ぬいた人に与えられる称号です。

また証聖者とは、殉教していませんが、イエス・キリストをご自分の生涯を通して証した人に与えられる称号です。

このように殉教または敬虔な生涯を送ったため、信者の方々から崇敬を受ける人をさして「聖人」と呼ばれます。

今日の諸聖人の日は、キリスト信者の人にとって神様の元でこの世の人々のために執りなしてくださる、すべての聖人の方々を敬う特別な日なのです。

この日は元々東方教会でお祝いされていましたが、609年に西方教会でも祝うようになりました。また8世紀頃からイギリスやアイルランドでは、11月1日に天国にいるすべての聖なる人を記念するようになりました。そして当時の教皇グレゴリウス三世は、この日をすべての聖人をお祝いする祭日としたのです。