2017年07月12日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

先取りする

服部 剛

今日の心の糧イメージ 外出先から家に戻る車の中で、ラジオから流れる会話が気になり、私は耳を傾けていました。

「私は、自分が成功している場面をありありとイメージします。すると、心の中に喜びが湧いてきて、実現することが多いのです」(ふむ、ふむ...)と頷く気持ちで車を降りて、私は自宅に入り、さっそく妻にその話をしました。

「スポーツ選手もイメージトレーニングで上手くいった様子を思い描いてから試合に臨むと、よい結果が出るのだそうよ」。(そうなのか...)と思いながら、私は晩御飯を済ませ、布団に入りました。

それから少し日は過ぎて、妻の父の通院に付き添い、昼食を共にした後のコーヒータイムで、私は鞄から取り出したヘルマン・ヘッセの小説『デミアン』の頁をパラパラ捲ると、次の言葉が目に入りました。

「確信を持ちなさい。自分が願ったものは必ず手に入れられるという傲岸不遜なほどの確信を。そうしさえすれば、願いはやがてあなたの現実となりますから」。

向かいに座る車椅子の義父に、わかちあうように朗読すると、「傲岸不遜なほど、という所が大事だねぇ」と、しみじみ語りました。

私の父が以前、「天才といわれる人でも、脳の数パーセントしか使っていないそうだよ」と言っていましたが、双方の父の発言をまとめると、【人は未知数の可能性を秘めている】ということになるでしょう。もちろん、願いのすべてが天の望みに一致して叶うとは限りませんが、前向きなビジョンをもっているほうが、だんだんと豊かな毎日になってくるような気がします。そういうわけで、最近の私は、「きっと上手くいく」という希望の種を心の中に蒔いてから、玄関のドアを開き、日々の場面へと出かけています。