2017年06月19日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

繰り返し

末盛 千枝子

今日の心の糧イメージ 何か困難に出くわした時に、何だかいつでも同じことの繰り返しのような気がして、うんざりすることがあります。でも、良く考えてみると、これは多分、自分の性格と切り離せないのではないかと思えるのです。そう考えると、それは自分の弱さだったり、いい加減さだったりするのではないかといよいよ憂鬱になってしまいます。

そういえば、私は昔から、なかなか宿題にかかれなくて、後で困ってしまうという子供でした。すぐ下の妹は、きちんきちんと宿題をこなし、あとは涼しい顔をしているのです。それを見ながら、自分も今度こそと何度思ったことでしょう。どうやらそれは今も変わらないので苦笑してしまいます。

ただ、今になって考えるのは、そういうことを繰り返しながら、自分という人間と付き合っていくことのなんと難しく、しかも大切なことだろうかということです。つまり、自分の弱さなしでは、自分の良さもないのではないかということなのです。こういう弱さを背負っているからこそ、人の悲しみもわかるようになるのではないでしょうか。きっと、他の人から見たら、なんてくだらないと思えるようなことでも、それぞれ当人にとってはかなり真剣に悩むこともあるのだということです。

そして、そんな時に、必ず思い出されるのは、聖パウロの言葉です。「どんなことでも心の悩みを神に打ち明けなさい」ということだったと思います。(参)(フィリピ4・6)そうか、どんなことでもか、と気がついた時の嬉しさは格別でした。

そして、どうやら人は、それぞれなにか困難を抱え、それを繰り返して生きているのだと思ったのです。大人になったら宿題もない、と羨ましく思っていた自分が何だかおかしくなります。