2017年03月18日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

自分らしく

三宮 麻由子

今日の心の糧イメージ 仕事の翻訳で興味深い記事に出会いました。いま世界中で、旅客機の中での乗客トラブルが増えているそうです。グローバル化で社会が多様化してきて、常識から外れた行動を取る人が増え、社会もそれを許容するようになってきたことが理由のひとつではないか、とのコメントが引用されていました。人々が価値観の多様化に翻弄され、自分のあり所を見つけられなくなっているのかもしれません。

でも、本当に自由な人は、黙って「自分らしく」生きていると思います。真の自由、真の個性とは、声高に自分らしさをアピールせずとも自然に行動できること、そして周りがそれを認めていくことではないかと思うのです。

行動の判断基準はたくさんあります。正しいと信じたらまっすぐ進む、過ちに気付く力を養う、人と比べず自分のやり方を見つける、あるいは人と正しく比べて自分の状況を知る、誘惑に正しく対応する、ときには自分に対しても寛大になる、あるいは厳しく戒める、などなど。どんなとき、どの基準を適用して行動を決めるか、そのあり方が自分らしさなのではないでしょうか。自由に生きるためには、まずは自分の力で考え、実験する必要があると思います。

でも、どんなに考えてもがんばってもヒントが見つけられず、前に進めないことがあります。そのときの切り札として、祈りがあります。答えがなかなかもらえずあせったりもしますが、心の状態を言葉にして祈れるだけでも前進だと思います。苦しくて祈れないときは、人に祈って助けてもらいましょう。それでも、自分の中に埋もれてしまうよりずっと効果があります。考える前から神様が働いてくださることもあります。

諦めず、やってみようではありませんか。