2017年01月05日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

旅立ち

中井 俊己

今日の心の糧イメージ 旅立ちは、新しい人生へのスタートとなることがあります。慣れ親しんだ街を離れ、未知の土地へ旅立つことが、その後の人生を左右することがあるのです。

例えば、長崎で被爆しながらも、人命救助や平和のために尽力した永井隆博士もそうでした。

永井隆は、島根県に生まれ育ちました。高校卒業時には首席の成績だったので、東京の大学に進学するだろうとまわりの人はうわさしていたそうです。

しかし、意外にも隆は、当時設立されて間もない長崎医科大学に進学しました。もし隆が長崎に行っていなければ、その後の運命はまったく違うものになっていたのは確かです。

原爆の被害を受けることもなく、ゆえに『長崎の鐘』や『この子を残して』など、平和を訴える著作を書くこともなく、それらの本が世界中の人に読まれ感銘を与えることもありえませんでした。

それ以前に、おそらく、カトリック信者になってはいなかったでしょう。

永井博士の立派な生涯とは比べるべくもないのですが、私も18歳の時、生まれ故郷の山陰から長崎に大学進学のため旅立っていなければ、その後の人生はまったく違っていたと断言できます。おそらくカトリックの洗礼は受けていませんでした。ゆえに、その後、カトリックの精神に基づく学校に勤めることも、キリスト教関係の本を書くことも、この「心のともしび」にエッセーを寄稿させていただくこともありえませんでした。

新しい世界への旅立ちによって、私たちは未知のもの、未知の人に出会えるものです。キリストの教え、その教えを信じる人たちに出会えるチャンスもあるでしょう。その様々な出会いを通して、より幸いな人生に導かれるようにと願っています。